iPhoneでキレイに接写(マクロ撮影)する方法。○○○モードを使うだけ。

公開日: : 最終更新日:2016/05/15 デジタル系, テクニック・マメ知識, iPhone

衝撃のニュースがありました。

ネット界隈ではかなり有名なNagisaさん。ここ数年はアプリ事業で突出しており、イケイケ感のある会社さんでした。社長さんもまだ若いし。そんなNagisaさんが、公式発表もありましたが、突如アプリ事業からの撤退を発表。Appleの規約に違反しアカウント停止(通称アカBAN)されたことがきっかけで、数か月におよび復活を試みるもだめだった模様。

確か、このアプリ事業で毎月数億円レベルの広告収入があったはず。これらを諦めるって、相当な決断だと思われます。断腸の思いでしょう。AppleやGoogleとはいえ、他社プラットフォーム上でビジネスをするってことは、こういうことが起こり得るってことです。怖い怖い。

そんなApple製品でもあるiPhoneを使った撮影テクニックです。知人から教えてもらいました。

【関連】【マメ知識】釣り中、スマホの電池を長持ちさせる方法。

iPhoneのカメラ、高性能だけど・・・

bsTSU852_ichiganrehurensyu

iPhoneのカメラは本当に高性能です。

デジカメなんかには負けないくらいにキレイに撮影できます。むしろデジカメよりも美しく撮れることもしばしばあるほどに。

でもそんなiPhoneですが、唯一、接写(マクロ撮影)だけではまだまだ不得意です。被写体に至近距離で近づいて撮影しようとしても、ピントがうまくあわず、ボケた写真になってしまいます。

今回は、アクセサリやツール類は一切使わずに、iPhoneでキレイに接写する方法を紹介します。

 

iPhoneでキレイに接写(マクロ撮影)する方法

では、その方法をさっそく紹介します。

まずはiPhoenのカメラで「ビデオモード」を起動させましょう。そしてスタートボタンを押し、動画撮影開始。
図2

動画撮影が始まると、右下に白いボタンが出てきます。これ動画撮影中に静止画を撮影するためのボタンなんです。これで被写体を撮影。図1

たった、これだけです。

アクセサリやツール類は一切使うことなく、iPhoneのみでキレイに撮影できる方法です。

実際にやってみてもらうとわかりますが、通常のカメラモードだとピント合わないのに、ビデオモードから静止画撮ると、なぜかピント合ったりします。至近距離撮影に強いです。

 

実際に比較してみた ~リール編~

実際に「通常カメラ」と「ビデオモード」で、静止画を撮影したみた写真を比較してみましょう。

「通常カメラ」。接写してみるものの、文字や溝、穴などがボケてしまいます。2015-12-14 12.22.33

「ビデオモード」。明らかにキレイに撮れてます。文字はもちろん、溝や穴など細部までしっかり撮影できてます。2015-12-14 12.22.22

 

実際に比較してみた ~ルアー編~

「通常カメラ」。ルアーの顔にピント合わせたいのですが、どうやってもこれくらいが限界。
2015-12-14 12.26.03

「ビデオモード」。こっちだと簡単にピント合ってくれます。目も鱗模様もはっきり。2015-12-14 12.26.38

 

注意! 「アスペクト比」が違う

このようにキレイに接写撮影できる便利な方法ですが、アスペクト比(縦横比)が以下の通り違います。

【通常カメラモード】
4:3

【ビデオモード】
16:9

つまり、ビデオモードの方がやや横長になるということです。↑の比較写真を改めて見ていただきますと、実はアスペクト比が少しだけ違うことが確認できると思います。

 

とは言え、非常に便利な方法ですので、接写(マクロ撮影)の時にはぜひとも試してみてください~。

【関連】【マメ知識】釣り中、スマホの電池を長持ちさせる方法。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

まじかよ(笑)つりビットのラインスタンプができてる・・・・・!!

わぉ!LINE(ライン)スタンプに「バスフィッシング」登場!!!!

iPhone7発表、釣り人が気になる耐水性能「IP67」とは

「バイトバスリキッド」。トップアングラーも使う、ワーム用オイル。

【結論】ウェアラブルカメラ「Q-camera ACX1」は動画はイイ! 静止画はイマイチ。

日本初!!?釣り人らしく「iPhone6」を開封してみたんだけど、サイズ感わかるっしょ?

ギョギョギョ!スマホが魚群探知機に!!

準備中に折れてしまったロッド。保険金、無事におりました。

【便利】Google Map でポイント記録する方法

ハンドメイドマーケット「minne(ミンネ)」に釣り系アイテムも結構ある。もちろんブラックバスも!

自動追尾ドローン「Parrot Bebop 2」、これは釣り界における新たな可能性だと思う

スマホ連動の魚探「Deeper(ディーパー)」が日本でも発売!陸っぱりでもボートでも利用できちゃう!

テレ朝「BITE」にオンラインストアが登場予定。あのパックロッドがついに出てくるのか!?

最新 GoPro「HERO4 Session」がメチャ小さい。釣りでも大活躍してくれそうな気がする。

no image

ラインスタンプ、いつの間にか釣り系のスタンプが一気に増えていた!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です