新製品 Brands AQUAVIT

「ゼンマイケロッパ」登場。ゼンマイで “向こう側へ” 勝手に動くルアーですよ。

さすがの僕も今日は肌寒い。

いつもならまだ屋内だと半袖ハーパン裸足なんですが、今日は長袖ハーパン裸足ってスタイルです。すっかり秋になりましたね~。釣り行くと朝夕は寒いし。あと今シーズン2ヶ月もないくらいなので、急ぎめ、でも焦らずにバス釣り楽しんでおきたいところです。

そんな楽しむための釣りにぴったりなルアーが今月登場です。

【関連】だいぶレトロだな!笑 トンボ型「ホバールアー」をもらいました!

ゼンマイで勝手に動いてくれる

プリント

ゼンマイケロッパ」。
千葉県我孫子市にあるアクアビットの新作ルアーです。我孫子、僕幼稚園のころ住んでたので、なんか勝手に親近感沸いちゃいます。

名前の通り、ゼンマイの仕組みによってオートマチックにルアーが動いてくれるのです。キャストの力によってゼンマイの紐が引っ張られ、着水後にジタバタと勝手に動き出す・・・ということなんです。

全長51mm、重量14g、全6色、定価1950円(税抜)、2015年10月下旬の発売

もちろん普通にリトリーブしても、足がうまいことカップの役割をしてくれて、クローラーベイト(ノイジー?)のようにカポカポと表層アクションをしてくれます。

 

  “向こう側” に動いてくれるから、バスにとっては新鮮

柏の有名店OPA!の小林さんによる動画。

こんな感じに勝手に “向こう側” に動いてくれるんです。m60kpA

この “向こう側” てのがキモで、基本的にはルアーは着水点よりもこっち側(アングラー側)にしか動かせません。バックスライドやダウンショットなどのワームであれば例外もありますが、プラグではほぼ無理。

着水点からアングラー側(岸側)に向かって動くルアーはバスも見慣れていると思いますが、岸から離れて動いていくルアーはバスにとっては新鮮なはず。ルアーと見切れず、食ってくる。・・・ということが考えられるわけです。

このアクアビット、ゼンマイ以外にもソーラーで勝手に動くルアーなんかも出したりしてるおもしろいブランドなんです。

僕もしばらく存在自体を忘れてましたが(スンマセン)、このゼンマイルアーで興味持ってきちゃいました。

キャストだけでなく、強めにリトリーブ(ジャークとか)してもゼンマイの紐引っ張られるかな? つまり、1キャスト内で何度もゼンマイ作動させられるかどうか。

買ってみて試してみるしかないかな。

【関連】だいぶレトロだな!笑 トンボ型「ホバールアー」をもらいました!

via:aquavit

SPONSORED

SPONSORED

-新製品, Brands, AQUAVIT

Copyright© hebinuma , 2020 All Rights Reserved.