「バギークロー」は2015年3月発売! 1本12gもある超高比重ワームだゾ!

公開日: : 最終更新日:2016/05/11 新製品, Brands, RAID JAPAN

本日も hebinuma をご覧いただき、ありがとうございます。

レイドジャパン。特に10代20代に人気のカナモ率いるルアーメーカーです。いや、ロッドも作ってるか。レイドジャパン系の記事を書いた時は、特に中高生の方にリツイートされるので、そういったことを感じています。
そんなレイドジャパン新作の、期待されているワームの発売月がわかりました!

【関連】レイドジャパンの新作「バギークロー」は、2015年春発売に決定!コイツは釣れそうで期待している。

2015年3月発売・・・!!

01d9418f

バギークロー」。
レイドジャパンのザリガニ系ワームの新作です。1年近くも前からその存在がウワサになりながら、詳細なスペックや時期は不明でしたが、だんだんとわかってきました。

重量1本12g、6本入り、全10色、定価850円、2015年3月発売予定です!!

なんと言ってもこのバギークローの特徴はその重量!高比重とはいえ、ワーム1本12gはそこそこ重いですよ。テキサスなどではもちろん、ノーシンカーでもカバーにぶちこめたり、キャストにおいても飛距離が十分に出るでしょう。

まあ、レイドジャパン代表のカナモが『飛距離のあるルアー』であることをいつも大切にしてますからね。 たしかにどのルアーも飛距離が出るように重めになってたりします。

まずは10色ラインナップ。お馴染みのカラーもありますが、今後カラー追加もされるでしょう。

1

レイドジャパンにはすでにオカエビというザリガニ系ワームがありますが、どちらかというとコイツはフィネス寄り。サイズも重量もそんなないので、今回のバギークローとは全く違います。

僕はカナモ信者ではないですが、カナモプロデュースのTKツイスターはめちゃめちゃ釣れていました。このバギークローのボディ形状や高比重であるこが、どこかTKツイスターに似ているので、結構期待しています。

追加情報出てきたらシェアします!

【関連】「バギークロー」は、TKツイスターのDNAを引き継いでいるのか?そんな気がする。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「ラストエース75」、福島健さんの "切り札" 的ルアーがFACTから新登場

サベージギア「ラインスルートラウト」登場。全長40cm、重量24オンスというモンスタースイムベイト!

「ジリオンTW HLC」ついに来月6月発売。そして個人的に苦い経験をした前作ハマジリについて

「アベンタクローラー シェルラミネート」開発中! カラーだけでなく内部構造も進化している!?

「ゾーイ トップブレード Jr.(ジュニア)」、奇天烈ギル型ベイトのサイズダウン版が登場。

デプス、巨大「ブルフラット」開発中・・・7インチ前後か!?

レイドジャパン「ダッジ」のスペック明らかに! 1オンスもあった!

【比較】デラクーとコーゾースピンを並べてみた。ついでにPOP-Xも。

no image

会場到着。これからウエイインショー。

千葉房総ダム。パティシエのレッグワームが強かった。

ダイワ×ガンクラフトのコラボ「ジョイクロ」が11月リリース予定!!

ハンクル新作「ダイナモR」がスゴイ。スピナベにしては形状が奇抜すぎる。

今でも追加してんのか!「コンバットクランク400」に新色が追加ラインナップ!!

「AR-Wピンテール」登場! かつてイモグラブで一斉風靡した本山博之さんプロデュースだゾ!

メガバスが開発した新重心移動システム「エルボー」。バスルアーの新基準になるのか?

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です