レイドジャパン「G-64HGC バイソン」「GT-65L+S インターセプター」が発売開始!!

公開日: : 新製品, Rods, RAID JAPAN

睡眠って難しい。

昨日ちょっと早めに寝ていつもより睡眠時間を取ったんです。今日のパフォーマンス最高!と思いきや、なんかダレる。ちょっと睡眠時間足りないくらいの方が活発的になれるのかな~。スポーツもそうだったりするじゃないですか、満腹じゃ動けなかったりと。そんな感じ?

レイドジャパンのニューロッドが店頭に出回り始めているようです。

【関連】「アトラクター登場」! 初のグラス素材採用のグラディエーター。

ビッグベイトロッド「バイソン」

G-64HGC-Bison_main

G-64HGC Bison(バイソン)」。
カナモ率いるレイドジャパン、グラディエーターシリーズの新作ベイトロッド。ビッグベイトに特化していることが最も大きな特徴です。

全長6フィート4インチ、ヘビーアクション、ミディアムファーストテーパー、ルアーキャパ3/8~2オンス、定価46,000円(税抜)

グラスコンポジット(ブランクスにグランクスが織り込んである)にもかかわらず、先オモリやダルさはほぼなく、全体的にトルクフルな仕上がりになっているようです。

適度なハリもあるので、ジョイクロのようなビッグベイトを強めにジャークしたりすることなんかも快適にできそうです。グラスコンポジットなのに。

しなやかなんだけれども、パワフル。まさにバイソンのようなロッドなのかもしれません。

 

オフェンシブロッド「インターセプター」

GT-65L-S-Interceptor_main

GT-65L+S Interceptor(インターセプター)」。
同じくグラディエーターシリーズの、新作スピニングロッドです。 “超攻撃型” スピニングロッドになっているようです。

全長6フィート5インチ、ソリッドティップ、ルアーキャパ1/16~1/4オンス、定価56,000円(税込)

高弾性ソリッドティップと強力なチューブラーブランクスによって、繊細さとパワフルさを兼ね備えているので、カバーから強引にサカナを引きずり出すこともできるスペックなんだとか。

そんなパワーが “超攻撃型” ってことなんですね。

 

グラディエーターシリーズは使ったことないですが、かな~り一定の層には人気のようですね。新作ロッドはすぐ完売しちゃうとか。

ナニを作るかももちろん大事ですが、『誰が作るか』で全然違ってますよね。カナモ、すごいっす。

 

【関連】レイドジャパン「ダッジ」、7月発売が決定! 定価は3,500円!

via:RAID JAPAN

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

イッセイから「Bug Frog(バグフロッグ)」というフロッグが出る!? この形、オウムっぽい・・・。

デカい「アオキムシ」が開発中らしい・・・詳細はまだ何もワカラナイ。

本物のネズミをスキャンした「3D Rat」。Savage Gearからラット型ルアーが登場予定

「ジリオン TW HLC」。2016年6月発売予定! 未体験ゾーンの飛距離なるか!?

スミスの虫ルアー「モッサ」登場! 14本の足、表面張力ってのは気になるな。

メガバス新作の「通称 “ウナギ” 」がハンパなく長い・・・! 4連結ジョイントらしい。

ロッド破損の保険金は出るのか。いま実験中です。

デプス「ブルドーズ160」登場。リップ付きのギル型ビッグベイト。

反町隆史も喜んでる!? 「グランデザワン」間もなく発売。

リブレ「オーロラリミテッド90」登場! 200本のみの限定カラーハンドルだゾ。

エバグリから「ジッパー」が出たけど、これ系は絶対に便利ですよ。

「Revo Deez Spinning(レボ・ディーズ スピニング)」登場! 青木大介さんがプロデュースすると、スピニングまで劇的にカッコ良くなる!

レッグワーム2.9インチ、4月末頃に登場。小森プロの言う「フリーズアクション」とは

アイドルかよ! ジョイクロの写真集「JOINTED CLAW the LOVE」が発売! バスは1匹も写ってないんだって?

シマノ「スコーピオン70/71」。名作ベイトリールもモデルチェンジ!?

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です