最新 GoPro「HERO4 Session」がメチャ小さい。釣りでも大活躍してくれそうな気がする。

公開日: : 最終更新日:2015/08/18 デジタル系, 動画, ウェアラブルカメラ

Xフライドポテト。

はじめて食べました。ミニストップに売っているポテトなんですけど、結構ボリューミィ。うまいかって言うと普通のフライドポテトなんですけど、量が結構ある。中高生時代のムダにすぐお腹すく時期にはマックのポテトよりもいいかもしれません。僕の地元には通学路にミニストップがなかったので、今さら気付きました。

さてと、釣具ではないですが世間をにぎわしている新商品があります。

【関連】「GoPro」の釣り映像、ワクワク感ハンパない! 買おうか検討中。

メチャ小さくなった最新 GoPro

スクリーンショット 2015-07-09 17.37.33

HERO4 Session(セッション)」。
ウェアラブルカメラの先駆者であり、圧倒的な世界シェアを誇る GoPro(ゴープロ)の最新モデルです。アメリカでは7月12日発売、日本でも7月中の発売と言うことになっています。

もっとも進化した点は、このサイズ感。これまでの直方体からほぼ立方体のサイコロのようなカタチになってます。

GoPro史上もっとも大きな形状変更がなされ、これまでの約半分サイズになっています! 重量 74g。これはiPhone6の約半分の重さです。

もちろん高画質。このサイズ感ながらフルHD画質(1080/60p)で撮影できちゃいます。定価52,000円(税込)。

 

コイツは釣りでも重宝してくれるかも

こんな指先で持てちゃうくらい小さいのです。
CHDHS-101_main2

もちろん GoPro の強みであるマウント類などのアクセサリーもばっちり。ボートだけでなく、腕やキャップに固定することもできます。
Hero4Session_Cluster_12.jpg_10667149_featureimage

実際に「HERO4 Session」で撮影された動画がすでに公開されてます。かなーりキレイです。

 

静止画だけでなく、動画もどんどん撮りたいと思っている僕には、ちょうどのタイミングです。そろそろ買い時かな。

紙媒体でも静止画やテキストはいけますが、動画はネット媒体ならでは。もっとそこを強化するのもアリかなと。

一期一会的なことが多い釣りにおいて、高画質動画で大勢にシェアできることは価値あるんじゃないかとも感じてます。

まあでも、値段がね。好きなロッドやリールは大体いけちゃうくらいしますからね~。悩み時です。

【関連】「GoPro」の釣り映像、ワクワク感ハンパない! 買おうか検討中。

via:GoPro

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

川村光大郎さんが「ドライブスティック」のバックスライドを実釣解説! これは見た方がいい。

【怖い】ボートを猛スピードで追いかけてくるカバがコワい・・・。釣り人ならこの恐怖がわかるはず。

「Impervious」。iPhoneを防水・防傷にできる魔法のようなスプレーがスゴそう。※ただし発売はこれから。

上州屋の「ジェイ君」のLINEスタンプがいつのまにか出ていた

「防水スマホシール」誕生。見た目を変えることなく、iPhoneも防水仕様に!

iPhoneを完全防水できる「modcrew」がスゴイ!!

「Goku VS Street Fighter 2」とかいう動画、これはアラサー世代には堪らない。

今度はルアマガからLINEスタンプが出ている!派手でカラフルな色味だね。

川も渡るランクル!というか、これはもはや川を泳ぐランクル(笑)

iPhoneでキレイに接写(マクロ撮影)する方法。○○○モードを使うだけ。

ハンドメイドマーケット「minne(ミンネ)」に釣り系アイテムも結構ある。もちろんブラックバスも!

「オオクチくん」ってLINEスタンプが、普段使いできちゃう。いちおう釣り系だけど。

no image

O.S.Pの公式HPがリニューアルしていたゾ!今っぽく見やすくなってる!

「ロクデナシRADIO」がユルすぎ。でも、それが面白い。

釣り専用カメラ「Strike Cam(ストライクカム)」はバイトの瞬間を至近距離で撮影できるのがスゴイが、ちょっとゴツい。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です