「アトラクター登場」! 初のグラス素材採用のグラディエーター。

公開日: : 最終更新日:2015/05/12 新製品, Rods

久しぶりに渋谷で仕事してます。

ここ最近は別拠点で活動していることが多かったので、たった半月ぶりに来るだけでも久しぶり感があります。これまで5年近くも渋谷で働いてたのでそりゃ当然ですね。

まずはレイドジャパンの新作ロッドの紹介です。

【関連】なにかと話題の「レベルシャッド」買ってみた! 想像していたよりもかなり小さいな。

グラス素材採用のグラディエーター

top-image

Attractor(アトラクター)」。
カナモ率いるレイドジャパンのグラディエーターシリーズの新作です。グラディエーター初のグラス素材が使われたベイトロッドです。

全長6.9フィート、ミディアムアクション、ソリッドグラスティップ、ルアーキャパ1オンスまで、定価46,500円

クランキングのために作られたようなロッドであり、速巻き時のショートバイトでもバイトを弾かないように、ティップ(先端)部にのみグラスが使われているのです。

ティップ以外のベリーからバット部分はカーボン。『餅は餅屋』とのこと。
G69MGC-Attractor_main

グラス独特の粘りや柔らかさで食い込ませ、速巻きでも ”自動的に” ノらせるような感覚でしょうかね。

グラディエーターは1度も使ったことないのですが、たしかに結構カタくキンキンらしいです。それが本当だとしたら、新たな方向性のグラディエーターでしょうね。

ティップ部だけとはいえグラスが入ってるのであれば、キンキン度は和らぐはずなので。近年定番化されている速巻き・鬼巻きを見据えたモデルと言えるでしょう。

【関連】「レベルバイブブースト」買ってみた! かなり今さら感あるけど。

via:RAID JAPAN

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「レーシングアベンタクローラー」開発中! 今度のイマカツはウッド素材トップだ!

【まとめ】2016年の新作リールたち。シマノ、ダイワ、アブから何が出るのか

なぜ「KANATA(カナタ)」が発売前から品薄状態になっているのか

LUNKER HUNT(ランカーハント)から登場予定の2連結ペンシル「Link」とは

「ユニオンスイマー」登場。ド、ド・・・ドリルフラッシュ!?

超リアルでヤヴァイ!な3Dリアリズム塗装の第一弾「鮎ロイド」が今月ついに発売予定!!

「ギルロイド」の詳細スペックが明らかになってきたゾ!

「オーバーリアル63ウェイク」、O.S.P新ブランド第一弾ルアーについて直接聞いてきた

アルミ入り「フラッシュJクロー」、2016年6月発売。でもザリガニはフラッシングしない!?

「スピンキャリバー」登場! ペラ得意のティムコがスピナベにペラを!

DSTYLE「Dスパイカー」、2016年5月発売。青木さんが求めた『常にブレードが回り続けること』

ハートランドから新モデル「フォールトラップ」デビュー! ロングキャスト用のベイト2本。

「ELBO(エルボー)」。ベアリング88個が内蔵された重心移動システム搭載の新ルアー。

「HYUGA(ヒューガ)」登場! コスパに優れたメガバスの新ロッドブランドだ!

「誠魚(まさうお)」、村上晴彦さん新作スイムベイト。釣れる引き重り?

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です