「ルドラ130 MSF」、ミディアムスローフローティングモデルが新たに仲間入り。

公開日: : 新製品, Lures, O.S.P

昨日の昼に食った二郎がまだ体内にある。

そんな気がします。麺半分くらいまではすごい美味しいのですが、そこから丸1日くらいは少なからずダメージが残り続けます。麺少な目って言ったのに、この症状。てか、普通に昨日、綺麗めOLさんが一人で二郎食ってたな。たくましかったです。

定番ビッグミノー、O.S.Pのルドラに新モデルが追加です。

 ミディアムスローフローティング

img_products_main_rudra130msf1

ルドラ130 MSF」。
O.S.Pのルドラシリーズに新たな仲間が加わります。MSF(ミディアムスローフローティング)モデルです。

全長130mm、重量18.2g、全10色、ミディアムスローフローティング、定価1,900円(税抜)、2016年3月上旬の発売。

これまでルドラにはサスペンド、シンキング、フローティング、スローフローティング(スペック2)がありますので、5つ目のモデルということになります。

ミノーひとつで、浮き方の違いでこんなにも種類があるのはルドラくらいじゃないでしょうか。他にも何かあったかな?

 

これまでのモデルとの棲み分けは?

2016-03-01 09.14.57(↑定番であるルドラSP)

ここで誰もが思うことであろうことが、これまでのモデルとの棲み分け。

位置付けとしてはサスペンドモデル(重量20g)とフローティングモデル(17g)の中間的存在であり、フローティングモデルよりもゆっくり目に浮いてくるような設計になっているMSF。

フローティングモデルが元々ハイフロート寄りであるために、ストラクチャー回避能力はあるものの、すぐにストラクチャーから離れてしまうこともあり、攻めきれないような状況も。かと言ってサスペンドモデルでは、タダ巻きのキレなどが物足りなかったり、ストラクチャーに対してタイトに流すことができなかったり。

このような状況などに、サスペンドとフローティングの良い部分を取り入れた、このMSF(ミディアムスローフローティング)の出番と言うことになりそうです。

とは言ってみたものの、ここまで正直使い分けられる自信は今の僕にはありません。サスペンドとフローティングさえ、たぶんちゃんと使い分けられてないくらいですから。明確な理由などはなく、フィーリングで選んじゃってます。

実際にはどの程度フローティングスピードなどに違いがあるのかまだわかりませんが、実際に浮き具合を見てみたらイメージが湧くかもしれない、という感じです。

しかしながら、(僕的な)1軍ルアーの “ルドラ” であることには変わりないので、自分を鍛える意味でも、このMSF手に入れてみようと思います。練習練習。

via:O.S.P

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「ゾーイ トップブレード Jr.」買ってみた。奇抜すぎる。でも超リアル。

「ニンジャスイマー」「ニンジャグライダー」、デュエル初のビッグベイトが登場。

「メガラバ」?りんかがメガサイズのラバージグを開発している模様。はてはて、どうなのか?

「アルファス SV」誕生! あの名作がSVスプール搭載で帰ってくる!!

イマカツ「ステルス」!? 新作スイムベイト、2016年春の発売か。

イマカツから「アイアンマウス」登場! 2月発売のペンシルポッパー!

ラパラから「カウントダウンアバシ」登場! 2015年限定のアバシウッド採用モデル。

「オニマス」、2015年12月発売。デュオ初のビッグベイト。

「スイムベイトシンカー」、その名の通り。スイムベイト専用のねじ込み式シンカー

ビッグミノー「KANATA(カナタ)」。30gとは思えないようなキレアクション

O.S.P「DoLiveCurly(ドライブカーリー)」、油断してた。これやっぱ釣れそう。

急げ!ハンクルのスピナベが限定復刻!!しかもクソ安い!!

ティムコ「クリ―ピーシュリンプ」登場。リアルで長い触角がちょっとキモイ。

12月24日、新デザインの「イマカツアッパーパネル」が発売されるみたい。即完売の超人気商品!

O.S.Pが新作トップウォーターを開発中・・・それ以外のことは一切不明。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です