「ルドラ130 MSF」、ミディアムスローフローティングモデルが新たに仲間入り。

公開日: : 新製品, Lures, O.S.P

昨日の昼に食った二郎がまだ体内にある。

そんな気がします。麺半分くらいまではすごい美味しいのですが、そこから丸1日くらいは少なからずダメージが残り続けます。麺少な目って言ったのに、この症状。てか、普通に昨日、綺麗めOLさんが一人で二郎食ってたな。たくましかったです。

定番ビッグミノー、O.S.Pのルドラに新モデルが追加です。

 ミディアムスローフローティング

img_products_main_rudra130msf1

ルドラ130 MSF」。
O.S.Pのルドラシリーズに新たな仲間が加わります。MSF(ミディアムスローフローティング)モデルです。

全長130mm、重量18.2g、全10色、ミディアムスローフローティング、定価1,900円(税抜)、2016年3月上旬の発売。

これまでルドラにはサスペンド、シンキング、フローティング、スローフローティング(スペック2)がありますので、5つ目のモデルということになります。

ミノーひとつで、浮き方の違いでこんなにも種類があるのはルドラくらいじゃないでしょうか。他にも何かあったかな?

 

これまでのモデルとの棲み分けは?

2016-03-01 09.14.57(↑定番であるルドラSP)

ここで誰もが思うことであろうことが、これまでのモデルとの棲み分け。

位置付けとしてはサスペンドモデル(重量20g)とフローティングモデル(17g)の中間的存在であり、フローティングモデルよりもゆっくり目に浮いてくるような設計になっているMSF。

フローティングモデルが元々ハイフロート寄りであるために、ストラクチャー回避能力はあるものの、すぐにストラクチャーから離れてしまうこともあり、攻めきれないような状況も。かと言ってサスペンドモデルでは、タダ巻きのキレなどが物足りなかったり、ストラクチャーに対してタイトに流すことができなかったり。

このような状況などに、サスペンドとフローティングの良い部分を取り入れた、このMSF(ミディアムスローフローティング)の出番と言うことになりそうです。

とは言ってみたものの、ここまで正直使い分けられる自信は今の僕にはありません。サスペンドとフローティングさえ、たぶんちゃんと使い分けられてないくらいですから。明確な理由などはなく、フィーリングで選んじゃってます。

実際にはどの程度フローティングスピードなどに違いがあるのかまだわかりませんが、実際に浮き具合を見てみたらイメージが湧くかもしれない、という感じです。

しかしながら、(僕的な)1軍ルアーの “ルドラ” であることには変わりないので、自分を鍛える意味でも、このMSF手に入れてみようと思います。練習練習。

via:O.S.P

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「タトゥーラ CT」、アメリカ発売スタート。やはり10,000円台の模様

ジャッカル「リズムウェーブ」登場予定! 秦さんプロデュースの新型シャッドテールだ。

O.S.P新作「ドライブホッグ」の正体。スカート付きのクロー系!?

no image

並木さんの「HP シャッドテール」動画見てたら、ますます欲しくなってきた。これは楽しみだ。

「キング青木虫」「DEX」など、2016年 Berkley の新作ルアーたち

「ドライブスティックファット」入手。見た目はほぼ同じだけど、重量比35%アップのバックスライド向けモデル

「TATULA TYPE-R RED(レッド)」という限定モデルが出ている! ただしタイ限定。

「レベルシャッド」の鮮明画像が公開される! まあ形は普通のシャッドだよね。

「凜牙」専用のリブレ×イッセイの限定ハンドルが発売される! 今さら感ハンパないけど、カッコイイ~。

この夏、注目してる新作ギル型ベイトたち4選!!

「ゾーイ トップブレード」登場。 “キテレツ” なギル型チャターベイト!?

「リップライザー ゲキアサ」、イマカツから陸っぱり向けロングミノー登場。

“ほぼブルーギル” な「ギルロイド」、8月発売か!?

DSTYLEから「スピナベ」と「チャター」が登場するゾ!

「ショット オーバー 7(セブン)」。ノリーズからスーパーディープモデル登場。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です