ブランク経て再開、凡人アングラーのバス釣りブログ

hebinuma

動画

香取潤一さん。ハンディキャップを抱えながらも第一線で活躍するプロがいることを、ご存知でしょうか?

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

人間という生物の特性でもあるのですが、“慣れ”というものがあります。厳しい環境に慣れたりすることは素晴らしいことですが、現状に慣れ、当たり前にしてしまう癖もあります。日々のありがたみを忘れてしまう。そんな経験はないでしょうか?今回はそんなことを考えさせられた動画です。

香取潤一プロ。

スクリーンショット 2014-12-14 01.12.32

香取潤一
このお名前を聞いたことはありますでしょうか?ノリーズプロスタッフであり、またW.B.S.トーナメントで活躍する実力派のアングラーです。

香取プロは、ハンディキャップを抱えています。仕事中の事故で利き腕を失いながらも、義手によって巧みにタックルを操り、第一線で活躍し続けています。

キャストもリトリーブも、完全に自然。普通にめちゃ上手いです。
スクリーンショット 2014-12-14 01.16.32

 

約20分の動画です

そんな香取プロのある大会での同船取材動画があります。

普段であれば、僕の独断と偏見で画像抜粋してまとめてるのですが、今回は敢えてやりません。サラッと見るのではなく、動画をしっかり見ていただきたいと思ったからです。

全部で約20分程度です。

不屈のトーナメンター 香取潤一

普段自分が五体満足で釣りができていること、生活ができていることのありがたさを忘れていることに、僕は気付きました。

 

明日は我が身です。

いつ自分にだって不慮の事故が起こるかはわかりません。そして、たとえハンディキャップを抱えたとしても、気持ち次第で人生は引き続き、もしくはこれまで以上に輝く、楽しい。

そんなことを感じさせるような動画です。

via:noriesecogearmovie

-動画

Copyright© hebinuma , 2019 All Rights Reserved.