オーストラリア。ここでは、ワニ釣りができるらしい。その実態とは?

公開日: : 最終更新日:2014/07/15 海外ネタ, 動画

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

世界は広いです。いろんな国があります。
日本では動物園(や伊豆のワニ園)で主に見ることしかできないワニですが、オーストラリアでは釣ることができます。

 

ワニ釣りの実態とは?

index 
「ワニ」という名前の魚がいて、そいつを釣るとかではありません。

マジでワニです。です。アリゲーターです。
しかも単なるエサやりではありません。
立派な『釣り』なんです。

それでは、さっそくその動画をご覧ください!

画像でまとめます。

いつものように、動画で見るのがメンドクセェって方の為に、超簡単に画像でまとめます。こんな感じです。ま、大体の予想はついてると思うのですが・・・

フックに生肉を引っかけて・・・
スクリーンショット 2014-05-19 21.45.31

どぅりゃあああ!
食ったぁぁぁっぁあ!

スクリーンショット 2014-05-19 21.45.10

ハイ、以上です。

でも、このたった二枚の画像ですが、二枚目に注目して欲しいんです!!
ちゃんとロッドを使っているのがわかりますでしょうか?

単なる木の棒とかロープだけとかじゃありません。
ワニ釣り』の完成です。
にしても、ワニに対してロッドで挑むとか、オーストラリアぶっ飛んでるわ(笑)

 

でも僕はインチキに気付いてしまった。

ちゃんと立派にロッドを使ってるから、これを『釣り』として認定したかったのですが、僕はインチキに気付いてしまいました。

コチラです↓↓↓

えっ?スプールなくない??
たまたまスプール交換でもしてたのかな。
スクリーンショット 2014-05-19 21.44.05

うぉい!こっちもねーよ!
てか、糸(紐?)がリールのアームに繋がってるし!

スクリーンショット 2014-05-19 21.44.12

コレです。

・・・

なんだか、今になってこれをインチキとして載せた自分が恥ずかしくなってきたのですが、消すのもイヤなんで、このまま載せます。。。。おれちっちゃ。

これだったら、リール付けないで、ガイドかどっかにこの紐結べばいいじゃんって思いますよね・・・?

釣り以外にも、こんな風に水槽に入って、ワニを身近に見ることもできるみたいです~。スゴっ!たのしそっ!
w640

こんなエキサイティングな体験ができるのは、オーストラリアにある「crocosauruscove」というところのようです。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

釣り竿がなくてもピラニアを釣る方法が天才的。その発想はなかった・・・!

メンフィスに新オープンしたバスプロショップスがハンパなくハンパない! これはヤヴァイぜ!

釣りモノマネ芸人「くじら」。まじでマニアックで細かすぎ。

怖すぎる!ライフジャケットなしの海がいかに危険かがわかる体験型ムービーを見てほしい。

釣り針の付いたフォーク?フランスは広告さえもオシャレでハイセンス。ボンジュールですわ、これは。

超巨大船「ブルーマーリン」が想像の遥かナナメ上をいっていた。

ZILLION(ジリオン)TWSが新登場!でも、またまずはアメリカから発売の模様・・・。

本当に「ZILLION(ジリオン)TWS」発売はもう来る。公式HPに載っている。

no image

カワイイ。あんまりメモとかしないけど、こいつはデスクの上にでも置いておきたいな。

【まとめ】「ジリオンTWS」の特徴をおさらい! この記事読んで、フィッシングショーで触ろう!

釣れる確定・・・カリフォルニアロールのアクションが魅力的。

【訃報】老舗ルアーメーカー創業者、コットン・コーデルさんが逝去。

「ZILLION(ジリオン)TWS」がもう間もなく発売の模様!ただし、アメリカでの話。

「Bug Frog(バグフロッグ)」ってやっぱ異端児だな。そう思えるアクション動画が出てる。

【動画】電気ショックでの駆除光景。なるほど・・・こんな感じで一網打尽にしているのか・・・。