奇跡!釣った魚の中に、生きてるカエルがおったゾ。

公開日: : 最終更新日:2014/07/15 ニュース, 海外ネタ

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

今日は、なんとも摩訶不思議な事件が起きたようですので、シェアさせていただきます。

生きたままのカエルが・・・!

オーストラリアのクイーンズランドで釣りをしていた男性が釣り上げた、「ジャングルパーチ」(和名オオクチユゴイ)の中に、生きたままのカエルがいたのだそうです!

こちらが証拠の写真です!
angler2

男性は、釣り上げたのち、いつも通りルアーを外そうと思うと、口の中になにやら緑の物体が・・・。最初は、かたまった草かなと思ったらしいのですが、よく見たらビックリ!それが、カエルであることがわかったようです。しかも、生きている!

 

カエルは、元気に戻っていった。

男性はビックリしながらも、焦りながらカメラを取り出し、この貴重な光景をシャッターに収めることができたようです。

その後、カエルは魚の口からノソノソと出てきて、男性の方を飛び越え、水辺へと戻っていったようです。

※イメージです。
images (1)

にしても、このジャングルパーチ釣ってみたいな!!

こんなエサを飲み込んだ直後に、ルアーを食ってくる魚。すっごく魅力的じゃありませんか?

このジャングルパーチ(和名オオクチユゴイ)も、日本では体験できないようなゲームフィッシングを楽しませてくれるんだろうな。

男性が釣り上げたジャングルパーチを見てください。
angler1

この体系、目、ヒレの形。
まさに、ゲームフィッシングの対象魚っぽいですよね!

僕も中学生の頃、30センチくらいの巨大二枚貝(色とか形は超でっかいシジミみたいなの)が、ベビーシャッドをがっつり食ってた(挟んでた?)ことがあります。

こんな魚を釣ること以外にも、予期せぬ体験ができるのも、自然を相手にしているレジャーならではですよね。

参照元: Metro.co.uk

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

タックルベリーがいつの間にか全国制覇していたゾ!

ノリーズの「HOSHOKUON(ホショクオン)」を買ってみた。釣りにはまだ行ってない。

T3 MAGO(マーゴ)に新色が登場!

「新・世界怪魚釣行記」。リアルな描写と、怪魚の写真がハンパない。いや、マジで。

【悲報】ダイコーが釣具事業から撤退。マジかよ・・・ウソだろ。。

12歳の少女が巨大イエローパーチを釣り上げる! アイダホ州の歴代記録に!

PENN(ペン)ブランドを、ピュア・フィッシング・ジャパンが取り扱いスタート!

新国立競技場デザイナーの「ザハ・ハディッド」がデザインしたヨットが先進的すぎてヤバイ。

怪魚ハンター「ヤコブ・ワグネル」を知っているか?

12歳の少女がクロマグロ世界記録を釣る!え、でもこの子が12歳!?

下剋上!?サメがウツボに食われる貴重な光景が、海外で撮影される・・・!

no image

カワイイ。あんまりメモとかしないけど、こいつはデスクの上にでも置いておきたいな。

レイドジャパン公式HPに動画ページが開設!!カナモ見ながら笑ってしまうほどに楽しー!!

あの「ヨドバシ」で釣具が買えるようになってるゾ!

釣り企業への転職チャンス!ラパラジャパンが社員募集中。