水中カメラ『魚っちカメラ2』というおもしろアイテムがちょっとだけ気になる。

公開日: : 最終更新日:2014/07/16 小物アイテム, デジタル系, ニュース, ガジェット(道具)

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

『魚っちカメラ2』。
lcdcm4bk-top

勘の良い人は、気づくかと思いますが、これの読み方は「ウォッチカメラ2」です(笑)。

ちょっとだけ気になってしまったので、紹介させていただきます。本体重量363g、価格は2万4800円。

 

ロッドにセットして水中チェック。

これまでもスマホ魚探など、水中を見られるようなアイテムはありましたが、これはロッドにつけるタイプです。

w640

最初これを見た時、自分のスマホをこのアイテムに装着するのかなと思いましたが、スマホではなく、専用ディスプレイのようです。

こんな感じで水中が見れるゾ!

装着すると、こんな感じで、水中を見られるようになるわけです。
lcdcm4bk-p01

水中での実際の動画も用意されておりました。

 

 

これで釣果があがる! ・・・のかはまだ未知数です(笑)

これは非常におもしろいアイテムだと思います。
これまで地上からでは見れなかった水中の様子が見れるのだから、それは情報が多ければ多いほど、有利になりますからね!
maxresdefault

ただ、個人的には、ホント個人的にですよ!

もうちょい軽くする!
363gって結構ありますよね。リール以上の重さがあるので、これをロッドに付けるのはシンドそうです。アルデバランBFSとかだと150gないくらいなので、倍以上ありますね。

スマホで見れる!
専用ディスプレイでもいいですけど、自前のスマホに Bluetooth連携できたらもっとイイですね。さらにwifi連携もできて、遠隔で水中見れるとかでも!そしたら、気になるポイントにコイツを仕込ませておいて、釣り前日に水質チェックしてから向かう!・・・なんてこともできるかも。

こんなことが実現されたら、釣りがどんどんサイバー化されて、対自然のアナログ的な良さがなくなっちゃうかもーっ!って一瞬だけ、心配しました。

この「魚っちカメラ2」を含め、今後のオモシロアイテムに期待です。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

リブレ「C/BF Black(シー/ビーエフ ブラック)」が、快適すぎてスンバラシイ。

ガンクラフトに直営オンラインショップがオープンしていたゾ! 釣具は売らない方向なのかな~。

no image

3Dプリンターで釣具も作れる時代へ!複雑な形のルアーも自作できちゃう。

Tiny BLITZ(タイニーブリッツ)が8月上旬に新発売!!

サイトマスターに「ラスターオレンジ」登場。 “明るくコントラストはっきり” な偏光レンズ。

ラインカッター「CT-041A」、切れ味バツグンだった。

ドクロの・・・?ガンクラフトからオリジナルアクセが登場・・・。。。!

リューギ「レザーロッドホルダー」が確かに便利そう。陸っぱりが捗るな、こりゃ。

難問奇問!?日本釣振興会の「釣り人クイズ」が結構マニアックなのを出してくる。

メガバスから9番目の新スピナベ「V9(ブイナイン)」が9月25日にリリース決定!!

Avail(アベイル)のカタログをもらってみた。

【注意】茨城・千葉で車上荒らし多発中! これ以上被害を増やさないために。

「cheero Plate Cable」を買ってみた。『せっかく釣ったのに!』ってミスを減らせそう。

「ゼロダンフラッシュ」。どんなワームもチャターっぽく千鳥らせられる。

釣りにも便利そうな「Anyca(エニカ)」。オーナー側の平均収入額は25,000円にも!