「I-SLIDE(アイスライド)262T」、思ってた以上にクソデカイっぽい!!予想をはるかに超えていた・・・。

公開日: : 新製品, Brands, Megabass

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

メガバスの期待のビッグベイトとしてリリースされているアイスライドシリーズ。現在は2サイズありますが、さらにデカイ版が開発中であることを先日紹介しました。その時はどれくらいデカイかわからなかったのですが、徐々にわかってきました。

【関連】超巨大な「I-SLIDE(アイスライド)262T」が登場予定!なんだこのオシャレさは?iPhoneのマネか?

 

ケタ違いにでっけぇ!

アイスライド262T」。
こんなにデカイんです・・・!

コレ!185のひと回りふた回り大きいとかのレベルじゃないっす。なにコレ、デカ過ぎ。何オンスあんの?4オンスくらい?もっといくかな?
i-slide262t_vol2_02

完全にこれ一致。『古代のサメ、メガロドンはこんなに大きいのです!』の比較図と。
140501sharkmegalodon1

 

「T」の正体は、ターポン!

この「アイスライド262T」の顔立ちのモデルは、ターポンのようです!

ターポンと言えば、強烈な引きが楽しめるとして世界で最も人気のゲームフィッシュの一種。シルバーキングとも呼ばれています!

確かにね、下顎の感じがターポンかもしれない。ルアー名の“T”は、ターポン(Tarpon)の頭文字であることが判明。
i-slide262t_vol2_03

2m超え、100kg超えすることもある巨大魚ターポン。めちゃ楽しそう!2年以内くらいに行きたい。
Tarpon-rod-in-teeth

この超巨大ルアー「アイスライド262T」は、日本向けではないんでしょうかね?日本向けだとしても、琵琶湖など巨大化しやすいフロリダバスが生息しているエリアくらいしか使えなさそう。

いや、マグナムスプーンのようにこれまでの常識をぶっ潰してくるのか?もしくは、本当にターポンのような海外巨大魚をターゲットにしているのか?そのあたりは、まだ不明ですが、近日中には明らかになるでしょう。

久しぶりにメガバスがぶっ飛んだことやってくれてるんで、なんだか楽しいっす!(笑)

via:Megabass

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「GRENADE(グレネード)」登場! メガバスの1.5オンスもあるビッグクランクですよ。

「16 エンブレムMS」。2016年、ダイワから新作スピニング登場か!?

ベビーシャッドの「遡上鮎」カラーが最強に釣れていた!でも今や廃盤に。。

「タイニーシグレ」入手。自然に溶け込むナチュラルな蝉プラグのちっちゃい版

no image

O.S.PのHPにも「HPシャッドテール」が追加される。本当に発売なんですね。

メガバスが開発した新重心移動システム「エルボー」。バスルアーの新基準になるのか?

ルビアスを無料ゲットのチャンス! スクラッチキャンペーン開催中。

【河口湖バス釣り】ジョイクロ初フィッシュ!嬉しくて死にそう

「リサ70F」、T.H.tackleからワカサギ系ベイトが新登場

約20年前に発売された「ディープX200」がウイニングルアーに! 名作はいつまで経っても名作なんだな。

イマカツが水面直下系ルアーを開発中。。。名前はまだない。

ジークラック「デイス160」、開封の儀してみる。

新生「15フリームス」誕生! 2015年フルモデルチェンジし、既に発売開始している!

デカい「アオキムシ」が開発中らしい・・・詳細はまだ何もワカラナイ。

優勝者エバース選手が使っていた、ウイニングルアー4つとは?

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です