「サウザーラダーシート」と脚立でレンタルボートがめちゃ快適! もっと早く買えばよかった。

公開日: : 最終更新日:2016/04/05 レビュー(インプレ)・レポート, 小物アイテム, ボート・ヨット

明日はイベントです。

ブロガーが集まるイベントが六本木であるのです。ある方から招待されて行くことになったのですが、こういった主旨のイベントは久しぶりだな。ほぼ1年ぶりかな。ワクワクしつつも緊張です。

さて、この前買ったこのアイテムが良かったので、紹介させてください。

【関連】タレックス「ラスターオレンジ」、実際にフィールドで見比べてきた。 水中、よく見えまっせ!

SPONSORED LINK

クッション + 脚立 = 超ラク

2015-06-14 18.59.38

サウザーラダーシート」。
ギリングなどを発売するジークラックの親会社ダイナミックスのボートブランドから出ている、脚立用の専用クッションです。

これを普通に売っている脚立に付けるだけで、レンタルボートでの釣りがかなり快適になります。簡易的なイスが作れるので、1日中ボートで釣りをしていても足腰が疲れにくいのですヽ(´∀`。)ノ゚

僕は脚立はケーヨーD2で買いましたが、Amazonで売っているこんな脚立でもOKです。普通の体型の方なら、2段の高さ56cmってのが一番使いやすいかと。3000円くらいで買えます。

 

もっと早く買えばよかった・・・

脚立の天板にベルトで装着し、こんな感じにレンタルボートにうまいこと置くことができるのです。ボート内の段差(標準のイス?)を挟むように脚立を置くので安定性も結構いいです。
2015-06-16 23.17.55-1

こうやって座りながらエレキ操船できるわけです。このまま座りながら釣りもできますからね。この脚立スタイルでやってる人、結構多いと思います。ちなみにこのサウザーラダーシートはポケット付きなのでスマホとかペットボトルとか入れるのに便利。
2015-06-16 23.17.57

それまでは、釣りする時も長距離移動する時も、エレキ操船はすべて立ってやってたんですよ。もう半日過ぎたころから太ももの付け根がキンキン悲鳴を上げてくるわけです。
2015-06-10 21.39.18-2

この脚立アイテムを導入したからと言って、全く立たなくてもイイかって言うとそうでもないんですけどね。

やはり、岸と平行にボートを流す時や本気出す時(?)は立ってエレキ踏んだ方が微調整できます。

でも、相当これでラクになりましたよ。カラダへの負担が少なくなった分、釣りへの集中力がアップした気がしますし、あとフットエレキに慣れてない方にとっても操船しやすくなっています。

最近はロッドやリール、ルアー買うことよりも、そのまわりの関連グッズ類やアクセサリーを揃えることに興味が出てます。それの方が “結果的に” 釣果に結びつくような気がしてるんです。

とりあえずレンタルボートやる方で、脚立持ってない方、強くおすすめします。数千円の価値ありまくりです。

【関連】比較したゾ!ZEAL(ジール)の偏光グラス「STELTH(ステルス)F-1370」、実際どんな感じに見えるのか?

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

ジャッカル新作のDERACOUP(デラクー)購入!そして、早速バスGET!

フィッシングショーで、ダイワとシマノの新作リールを見てきたゾ!

ブラックバスやブルーギルの「透明標本」が発売される。これは、アリかもしれない。

雨パラつく4月の亀山湖、イメージ頼りの虫系でなんとか1匹だけ食ってきてくれた

勝手に「キングオブ2014夏ルアー」は、ツーサイドに決定させていただきました。

【レビュー】ZEAL(ジール)の偏光グラス「STELTH(ステルス)F-1370」、実際どんな感じに見えるのか?

トキシンカレンダー。これはカレンダーとしてではなく “イラスト集” として楽しい。

「フィッシュキャッチャー2」を購入! 人生で初めてフィッシュグリップを買いました。

「フットコンマウントダブル」導入。フラットな足場&高い目線を確保

ネズミ型!? デプス、ジークラックの2016年新作ルアーたち。

Avail(アベイル)のカタログをもらってみた。

CAPE DESIGNを突撃訪問してきた ~アトリエ紹介編~

トランクのランプをLEDに交換してみた結果。→すげぇ明るくなって快適!!

安い&簡単。フックの保護には「網押さえゴム」がおすすめ

【検証】コロンビアの「撥水加工」ジャケットを濡らしてみた。どれだけ大丈夫なのか?

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です