アメリカで巨大「マンティスシュリンプ」が釣り上げられる!?

公開日: : 海外ネタ

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

昨日から実家の茨城に帰ってきていますが、東京よりやはり空気が冷たいような気がします。まあ実家は、相変わらず暖房ガンガンなんですけどね。
正月三日目、海外でのフィッシング情報をお届けします!

SPONSORED LINK

 

巨大な「マンティスシュリンプ」なのか!?

giant-mantis-shrimp

この写真は、フロリダの釣り人が釣り上げたモノです。
巨大な何かがヒットし、まわりの人に助けられながらランディングしてみると、なんとこの巨大なエビような生物だったとのこと。現在のこの写真が海外で話題になっているようです。

50センチ近くもあったこのエビは、マンティスシュリンプというシャコの仲間ではないか、とのこと。

というか、この写真をパッと見た感じ、1m近くありそうですが、意外と50センチなんですね。僕らが釣ったバスを遠近法でデカく見せるのと同じことをしてたのかも!?

マンティスシュリンプとは?

Peacock_Mantis_S_4e85f3d2e86cf

マンティスシュリンプ」。
シャコの仲間であり、別名は “海の殺し屋” 。

なぜ、このように言われているのかというと、とても強力な前足があるのです。最大時速50kmにもなるというそのパンチで、獲物を仕留めるのです。

また気性も荒く、自分より大きな生物にも積極的に威嚇することがあるようです。たしかに言われてみれば、前足の構えがボクサーのように見えなくもないですね。

以下、参考動画です。

これは打撃系ではないですが、超スピードで獲物を捕らえるます。これは超スロー再生。
original 
マンティスシュリンプ。
名前がかっこいいので、すぐに覚えられそうです。日本では滅多にないことでしょうが、こんなサイズのシャコが釣れたらビビっちゃいますね・・・。

via:WorldfishingnetworkBioPixele4rthw0rm

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

怪魚ハンター「ヤコブ・ワグネル」を知っているか?

ネコリグも、海外で「NEKO RIG」とそのまま呼ばれているっぽい。

今、世界中で話題のイギリスの巨大なカニ。これはマジでなんだ!!??

no image

組立がたった1分?ウルトラマンも2分は乗れるクイックボートがスゴイ。

「Impervious」。iPhoneを防水・防傷にできる魔法のようなスプレーがスゴそう。※ただし発売はこれから。

【ハワイバス釣り】前半:お祈り~フィールド到着

オーストラリア。ここでは、ワニ釣りができるらしい。その実態とは?

no image

スウェーデン代表イブラヒモビッチ、試合出れないから釣りに行く。

ヒトのような歯が生えた魚が見つかる・・・。おそロシア。

スティーブ・ジョブズは、実はクルーザーも作っていた。やはり彼の作品は圧倒的に美しい。

【動画】3m超えのサメを釣ってしまう!しかもこっちはカヤック!w

直リグは、海外でも「JIKA RIG」と呼ばれている事実。

これは斬新!!バズーカのように撃ってキャストする「Rocket Fishing Rod(ロケットフィッシングロッド)」が新しい!

【少し閲覧注意】ゴブリンシャーク(ミツクリザメ)って深海サメがメキシコで釣り上げられる!これは確かにゴブリンとか言われる顔してるわ。

【少し閲覧注意】釣ったサカナが少女をガブリ。これは痛いっっっ!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です