アメリカで巨大「マンティスシュリンプ」が釣り上げられる!?

公開日: : 海外ネタ

SPONSORED LINK

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

昨日から実家の茨城に帰ってきていますが、東京よりやはり空気が冷たいような気がします。まあ実家は、相変わらず暖房ガンガンなんですけどね。
正月三日目、海外でのフィッシング情報をお届けします!

SPONSORED LINK ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

巨大な「マンティスシュリンプ」なのか!?

giant-mantis-shrimp

この写真は、フロリダの釣り人が釣り上げたモノです。
巨大な何かがヒットし、まわりの人に助けられながらランディングしてみると、なんとこの巨大なエビような生物だったとのこと。現在のこの写真が海外で話題になっているようです。

50センチ近くもあったこのエビは、マンティスシュリンプというシャコの仲間ではないか、とのこと。

というか、この写真をパッと見た感じ、1m近くありそうですが、意外と50センチなんですね。僕らが釣ったバスを遠近法でデカく見せるのと同じことをしてたのかも!?

マンティスシュリンプとは?

Peacock_Mantis_S_4e85f3d2e86cf

マンティスシュリンプ」。
シャコの仲間であり、別名は “海の殺し屋” 。

なぜ、このように言われているのかというと、とても強力な前足があるのです。最大時速50kmにもなるというそのパンチで、獲物を仕留めるのです。

また気性も荒く、自分より大きな生物にも積極的に威嚇することがあるようです。たしかに言われてみれば、前足の構えがボクサーのように見えなくもないですね。

以下、参考動画です。

これは打撃系ではないですが、超スピードで獲物を捕らえるます。これは超スロー再生。
original 
マンティスシュリンプ。
名前がかっこいいので、すぐに覚えられそうです。日本では滅多にないことでしょうが、こんなサイズのシャコが釣れたらビビっちゃいますね・・・。

via:WorldfishingnetworkBioPixele4rthw0rm

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

ネコリグも、海外で「NEKO RIG」とそのまま呼ばれているっぽい。

釣った魚を、更なる巨大魚がガブッ!!これはエキサイティング!!

スティーブ・ジョブズは、実はクルーザーも作っていた。やはり彼の作品は圧倒的に美しい。

アメリカでモンスター級のニジマス(12kg)が釣り上げられる!!

アメリカで開催された「人魚」大会、想像してたのと全然違った。コレジャナイ。

こんなとこにバスが!!本場アメリカはやはりスゴイし、うらやましい。

パックロッド決めるの難しい・・・! ジェットセッター(ジェットスロウ)かブリスト(フィッシュマン)しかない。

世界最大のフィッシングショーICAST2016閉幕。ベストルアー賞は Savage Gear「3D Suicide Duck」

【ハワイバス釣り】後半:初ピーコック~大物バラシ

コイツすご!素手でバスを獲る!

TATULA(タトゥーラ)にはロッドもあったことが判明!!!!

ZILLION(ジリオン)TWSが新登場!でも、またまずはアメリカから発売の模様・・・。

no image

竹馬に乗ったまま釣り?ウェリガマ(スリランカ)の「竹馬漁」ってのがめちゃ珍しい。

no image

サメの大群がビーチぎりぎりまで!レアな光景がアメリカで撮影される。

【閲覧注意】アメリカで釣れたバスの口がオカシイ・・・完全に人間のせいである。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です