ブランク経て再開、凡人アングラーのバス釣りブログ

hebinuma

車・カーアクセサリー

東京モーターショー、なぜかマツダブースで「ダイワZ」を思い出す

東京モーターショー2017に行ってきました。

どんなクルマが展示されていたかなどについては、様々なところでレポートされている通りなので、僕が勝手に感じたことについてです。

※何のためにもならないので注意してください。

MAZDA の VISION COUPE

会場内の車を見ている最中、釣り人視点で見る時がありました。

  • トランク容量何リットルくらいだろ?
  • トランクの縁がフラットなのは荷物出し入れしやすい
  • 後部座席、真ん中だけ倒れるのはロッド入れやすいな

などなど、やっぱり釣りのことも考えてしまいます。そんな考えが頭の片隅にあったからかもしれません。

主要メーカーブースを順番に見てきて、ベンツ→BMW→マツダと来た時です。

ついには車そのものが、リールのように見えてしまう瞬間がありました。

人集りができている向こう側に鎮座していたのが、このマツダのコンセプトカーVISION COUPE(ビジョンクーペ)。

この車を見た途端、僕の脳内に強烈に描かれてきたのはダイワZ。

大人なシルバーブラックで身を包み、表面の凹凸を落としたフラットなボディ。上品な雰囲気でありながらも、強靭な肉体から生まれるパワフルさも醸し出す。

・・・そんなところが似ているような気が、勝手にしていました。

後継機は現行ラインナップにもありますが、初代ダイワZはダイワHPからも落ちてしまっていました。

でも、今でも愛用者の多い優れたリールということでも知られていますね。

ダイワZのGoogle画像検索へ

 

車もリールも顔大事

「なんか雰囲気、ダイワZっぽくない?」と誰かに言いたかったのですが、一緒に来ていた友人は釣りやらないので言えず。共感したい欲は持ち帰ってきました。

車もリールも性能もちろんですが、それ以外にもやはり "顔" のデザインって気になりますよね。

ボルボなんてめちゃかっこよかったです。コンパクトSUVのXC60。

東京モーターショーのSUVフロントグリルまとめへ

ということです。以上です。特にオチも何もありません。

車欲しい。

-車・カーアクセサリー

Copyright© hebinuma , 2019 All Rights Reserved.