【簡単】ヘッドライトの黄ばみをたった5分でキレイにする方法

公開日: : 最終更新日:2017/11/10 テクニック・マメ知識, 車・カーアクセサリー

今回はクルマについての記事。

釣りを趣味にしている限りは、やはり車は切っても切れない関係なのはご存じの通り。レンタカーや電車、チャリを駆使しての釣りも可能ですが、やはりマイカーは便利なモノ。ということで、釣りだけではなくクルマ関連のネタも発信させていただいております。

汚れてくるヘッドライト

2016-05-17 12.02.00

クルマを持っているみなさんであれば、ヨゴレや傷は誰もが気になることでしょう。

洗って落ちればいいのですが、中には全然落ちないようなヨゴレなども。ちょっとくらい汚れてたって機能的には問題ないし、釣り行くくらいであればピカピカ状態を保つのも難しいですが、できればキレイにしておきたいもの。

今回はそんな落ちにくいヨゴレの中でも、ヘッドライトのヨゴレを簡単に落とす方法の紹介です。本当に5分もあれば、見て効果がわかるほどの違いが出ます。

 

実際にやってみた

それでは、まず実際にクリーニングする前/した後の写真を見比べてみましょう。

 

【Before】わかるでしょうか?ヘッドライト表面が細かい傷などにより、くすんでいる&黄ばんでいます。2016-05-15 11.18.57

【After】ところが、あるアイテムを使って磨いてみると、ご覧の通りのクリアさが回復。2016-05-15 11.22.40

 

【Before】別角度からでも。普通の洗剤でいくら洗ってもほぼ綺麗にならなかったのですが・・・2016-05-15 11.19.00

【After】このように明らかにキレイに。隅の隅を磨くのは大変ですが、それでもこのくらいまで変化ありです。2016-05-15 11.22.43

 

使ったのは「KURE ルックス」

2016-05-15 11.23.34

今回のこのクリーニングに使ったのが「KURE ルックス」というアイテム。556でお馴染みのクレブランドのです。

これをスポンジに吹きかけてゴシゴシするだけで、↑のようにキレイにすることができました。吹きかけて待つ・・・などの工程も必要ないので、本当に5分くらいでできます

公式HPを見てみると、どうやらミクロンレベルの細かい傷が付いた表面を滑らかにしつつ、洗浄している・・・ということっぽいですね。

自分のクルマにしか試してないので、どんなヨゴレや部位にもいけるのかはわかりませんが、試す価値はあると思います。クリーニングアイテム(車用に限らず家用なども)って、誇大広告に釣られて買ってしまい、それほど効果を感じないことも多々ありますが、この「KURE ルックス」はちょっと違うかなと。

もしかしたらリールやエレキなどの釣具にも使えるかもしれないですね。リールは繊細だから危険かな~。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「バイトバスリキッド」。トップアングラーも使う、ワーム用オイル。

【永久保存】放流を狙え! メジャーレイク「河口湖」で “入れ食い” を味わう方法。

【必見】体に刺さったフックの抜き方。ライン一本あれば一瞬で簡単に抜ける「ストリング・ヤンク・テクニック」を覚えておこう。

一瞬で簡単に「フック絡み」を直す方法

安い&簡単。フックの保護には「網押さえゴム」がおすすめ

「フリップギル」のノーシンカーって、こうやって使うの!? 今まで間違ってたかも…

東京モーターショー、なぜかマツダブースで「ダイワZ」を思い出す

【まとめ】いつか役に立つテクニック・マメ知識 ~前半~

世界記録のブラックバスは、Manabu Kurita氏によって、2009年に琵琶湖で釣れているという事実。

【保存版】ワイヤーリーダーの作り方。

本当にロッドソックス “スピニング用” がかなり便利だった

ガムテープの芯を抜く方法。超コンパクトに持ち運ぶことが可能

Web予約がオトク。新幹線で、東京からキープキャスト(名古屋)に行くなら。

「Anyca(エニカ)」っていう個人間カーシェアが、釣りにも便利そう。お小遣い稼ぎもイケちゃう。

なにかと話題のダイハツの新車「WAKE(ウェイク)」が、確かに釣りには便利そう!!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です