120kg超! イタリアで巨大ヨーロッパオオナマズが釣り上げられる。

公開日: : 怪魚, 海外ネタ

今日は渋谷のカフェに来てます。

渋谷カフェって結構いいんですが、なにがいいって「電源使える」カフェが多いところ。日頃愛用してるレッツノートは実質3時間くらいしかバッテリーもたないので、電源あるかないかって超重要なんです。雰囲気良くなくても、ちょっと高めでも電源ありのとこに行きますよね。

海外のニュースサイトにも載るような、ナイスフィッシュがありました。

【関連】「世界の怪魚釣りマガジン4」がクソおもろい。雑誌でこんなにオモロイの数年ぶり。

120kg超えのヨーロッパオオナマズ

2F5B4C7C00000578-3359271-image-a-25_1450097569899

先日、イタリアの川で120kgを超える巨大ヨーロッパオオナマズが釣り上げられたとのことです。

釣り上げたのは、イタリア在住のユーリ・エル・ディアブロさん。38歳。『20年の釣り人生の中での最大魚!』とのこと。

詳しいポイントや釣り方は不明ですが、ヒット後およそ1時間近くもファイトを続け、最後は当然のことながらボートには揚げられないので、川にダイブしてキャッチしたようです。

動画も公開されてました。

オオナマズ、釣ってみたいならタイがいいかも

多少のトリック(遠近法)はあるでしょうが、デカイ。
2F5B4C5E00000578-3359271-image-a-21_1450097549140

120kgどころじゃなく、もっとありそうな気もしますが。モンスターですよ、まさに怪魚。2F5B4AD300000578-3359271-image-a-22_1450097553617

イタリア人らしい(!?)陽気な一枚。2F5B4C7000000578-3359271-image-a-24_1450097565126

120kgとかもう未知の領域です・・・たとえ動かない物体120kgだとしても釣り上げるのは相当大変そうなのに、相手は逃げ回って動きまくりますからね。

気軽にオオナマズを体験するなら、やはり世界一有名な釣堀と言っても過言ではない、タイのブンサムランがよいでしょう。ここでも日本では体験できないようなサイズのナマズが釣り上げられます。

ちなみに以前に紹介した沖山さん尾池さん も、ヨーロッパオオナマズを釣ったりしています。

【関連】「世界の怪魚釣りマガジン4」がクソおもろい。雑誌でこんなにオモロイの数年ぶり。

via:Daily mail

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

まったく世界には超豪華な船が多すぎるぜ。「Picchio Boat(ピッキオボート)」がこれまた高級ホテル並みなんだけど。

怪魚ハンター「沖山朝俊」がスゴイ。世界中の怪魚を釣りまくってる!!~後半~

バウワウ!ハロウィンのおもちゃを怖がる犬がカワイイ。

怪魚ハンター小塚拓矢さんの「Monster Kiss(モンスターキス)」オンラインストアができてる!

生物ライター「平坂寛」。なぜ今メディアが彼に注目しているのか? ~前半~

【少し閲覧注意】中国スゲェしビビる・・・!油で揚げているのに生きている魚料理。

バスマスターエリートシリーズ第4戦(レイクハバス)、優勝者はアーロン・マーティンス!

釣った魚を、更なる巨大魚がガブッ!!これはエキサイティング!!

今、世界中で話題のイギリスの巨大なカニ。これはマジでなんだ!!??

怪魚ハンター「沖山朝俊」がスゴイ。世界中の怪魚を釣りまくってる!!~前半~

コイツすご!素手でバスを獲る!

こんなとこにバスが!!本場アメリカはやはりスゴイし、うらやましい。

【修正/約3キロです】優勝者エドウィン・エバース、約4キロのビッグフィッシュ賞も獲得か

no image

【ド迫力】クジラが宙を舞う!ブリーチングの瞬間の写真がスゴイ。

オーストラリア。ここでは、ワニ釣りができるらしい。その実態とは?

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です