ブランク経て再開、凡人アングラーのバス釣りブログ

hebinuma

新製品 Brands Megabass

「ビアンカ」登場! メガバスからマグナムスプーンが出るらしい。

リビングの床で寝ました。

敢えて。朝方まで起きてたのですが、そこから普通に寝たら絶対に昼過ぎまで寝ちゃうなと。なら劣悪な環境なら起きやすいだろうと、リビングの床で寝ました。今もちろん午前中から活動できてます。仕事パツってる時や釣り前日はよく僕この方法やります。短時間で起きたい時などにやってます。

メガバスがまた新作ルアーを出してくるようです。

【関連】「フライングX」をゲットした! これは夕マズメに使ってみたい。

メガバスのマグナムスプーン

bianca_main01

ビアンカ」。
メガバスの新作となるマグナムスプーンです。2014年秋~2015年冬頃にかけて琵琶湖を中心に爆発的ヒットとなったマグナム(巨大)スプーンをメガバスも出してきました。

全長113.5mm、重量1オンス、全7色、定価1,400円(税抜)、2015年7月27日発売

このビアンカ、少しバックスライドしながらフォールするみたいです。そしてスイベルやアシストフックが標準装備。

僕は使ってなかったですが、糸ヨレやバイトあるけど乗らないって声をよく聞いてたので、これらが標準装備されていることは嬉しいことですね。

 

今でもちょっとしたブームなの!?

eb_vol97_01 (1)

デカバスが食ってくる!と一気に話題になったマグナムスプーン。

秦さんが何匹もブタバスを釣ったことも、ブームのきっかけになっているかもしれません。一時は反町隆史さんが琵琶湖周辺のショップから買い漁ったというウワサもあります。

そんなマグナムスプーンですが、ここ最近はどうなんでしょう?琵琶湖周辺の最新情報がわからないのですが、前ほど使っている人は少ないような気がします。SNSでもあんまり見なくなったのでね。

このビアンカ、開発までに2年かかっているようです。もう10か月発売が早ければ、爆発ヒットしてたでしょうね!本家のマグナムスプーンは超品薄でしたから。

もちろん広く普及してからまだ丸1年経ってない釣法なので、まだまだデカバスにも新鮮に見えることでしょう。さてさて、どうなるものか!?

【関連】実際に「マグナムスプーン」で釣る秦さんの映像があるゾ!

via:MEGABASS

-新製品, Brands, Megabass

Copyright© hebinuma , 2019 All Rights Reserved.