その発想で出してくるか? バスを獲るのに苦労するロッド「ビーエリアファン」に新モデル登場!

公開日: : 新製品, Rods

寒いですね~。今日。

関東地方では、前日比マイナス10度にもなってるので特に寒く感じます。今日釣り行ってる人キツいだろうな~前日の暖かさから一気に寒くなったので、バスの居場所や動きも大きく変化していることでしょう。僕だったら絶対に迷う状況ですわ。そんな時にやはり管理釣り場ってありがたい存在ですよね。

そんな管理釣り場(エリア)専用の奇抜なコンセプトのロッドがスミスにありました。

【関連】なんだかんだで「ゾディアス」気になる。1万円ちょいで買えるロッドとしてはかなり優秀そうなんだよね。

”敢えて” 苦労させてくるロッド

bareafun

B-AREA FUN(ビーエリアファン)」。
スミスが出している管理釣り場(エリア)専用のバスロッドです。2015年4月に新モデルが追加されるのです。どのモデルも全長5フィート以下、定価9,800円~となっています。

このビーエリアファンの最大の特徴は、なんといってもサカナを獲るのに苦労させられるようなロッド設計になっていること。短く柔らかいロッドのため、ファイト中の主導権は常にサカナ側にあるんだとか。

最近人気のキンキンとかバリバリの剛竿のように一気にロッドパワーでサカナを引き寄せることはできません。バスの引きの強さや楽しさを、これまで以上に実感できるコンセプトになっているようです。

 

 

全4モデル、ガングリップも!

全4モデルで、それぞれブランクスのカラーが違います。まさにfun(楽しむ)のための道具って感じです。
2

ガングリップタイプも。オールドリールなんかつける場合には、やはりガングリップがいいですよね~。
3

この発想はおもしろいですよ。敢えて、獲るのに苦労するロッドを作るとは。エリアフィッシングだからできる楽しみです。

エリアではなく、自然フィールドだったら『敢えて獲るのに苦労する』なんて要素は不安ですからね。貴重な1本を確実に獲りたいので、そんな遊んでる余裕はありません(僕は)。

正月にエリアトラウトに行った時、友人はグニャングニャンのロッドで楽しんでました。そういうことだと思います。敢えて、弱いロッドを使って、サカナの引きを最大限楽しむ。

ほぼ必ず釣れるとわかっているエリアならではの楽しみ方です。僕もたまには、気張らずにもうちょいリラックスしてそんな大人な釣りを楽しみたいものです。

【関連】千葉の管釣り「ウォルトンガーデン」に行って来た! 良型いるものの苦戦する・・・。

via:SMITH

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

イッセイからロッド登場か!? 果たしてどんなロッドに仕上がっているのか。

「タトゥーラ MAGO HD」、ガンクラフトコラボ第二弾リールが登場。2016年9月頃

TWS搭載の「スティーズSV TW」、ついに明らかに! 2016年春発売。

「レジットデザイン × ルアマガ」コラボロッド、7月1日より追加発売! ただし限定20本。

エバグリ「カレイド・セルペンティ」登場予定! ただしほぼ全てがナゾに包まれたまま・・・。

「ZILLION(ジリオン)TWS」の日本モデルの画像が流出。色が違うのか・・・!?

「スピンキャリバー」登場! ペラ得意のティムコがスピナベにペラを!

O.S.Pが新作トップウォーターを開発中・・・それ以外のことは一切不明。

「アルファス SV」誕生! あの名作がSVスプール搭載で帰ってくる!!

本当に「ZILLION(ジリオン)TWS」発売はもう来る。公式HPに載っている。

「ワイルドハンチ8フッター」登場! 名作クランクのディープ&ビッグ版だゾ!

イマカツ「ギルロイド寒鮒」登場。リアルなフナ型ベイト。

「チタラ」いよいよ登場! このジョイント式メタルバイブは超使えそう。

「野良ねずみ」、ティムコからもラット型ルアーが新登場

「ギルフラット」、イッセイの新作スイムベイトには水平テールも!?

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です