デジタル系 ガジェット(道具)

スマホでサカナの重さが計れる「Measure It Fish Scale(メジャーイットフィッシュスケール)」のアイデアはいいが、やっぱり少しゴツいと思う。

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

フィッシング業界もスローペースではありますが、でも確実に、IT化・デジタル化が進んでいます。シマノのDCシリーズは特にそうですね!そんな中、スマホのアクセサリーで、サカナの重さが計れるようになったみたいです。

 

フックで引っかけて重さを計測

measure-it-fish-scale-2

Measure It Fish Scale(メジャーイットフィッシュスケール)」。
このスマホ専用のアクセサリーは、サカナの重さを計測することができます。日本での販売は見当たらなく、どうやらまだ海外販売のみのようです。アメリカのAmazonでは売ってました。40ドル。

スマホに装着して、専用アプリを立ち上げるだけで、12ポンド(約65kg)まで計れちゃいます。12ポンドって、すげーな、おい。

こんな感じで、釣ったサカナをフックにぶら下げて使います。
スクリーンショット 2014-11-12 14.52.41

ゴツイし、ちょっとめんどくさいな

紹介動画もありました~。

※画像でまとめます

おっさん二人が陽気に、釣りしてます。
スクリーンショット 2014-11-12 14.37.13

専用アプリを立ち上げ・・・
スクリーンショット 2014-11-12 14.38.46 

メジャーイットの装着完了!
スクリーンショット 2014-11-12 14.38.58 

『ふむふむ、あんまり大きくないね~』←見ればわかるわ。
スクリーンショット 2014-11-12 14.39.28 

計測した重量を、そのまますぐにSNSに投稿することもできちゃいます。
スクリーンショット 2014-11-12 14.40.44

皆さん、どうでしょう?
僕はアイデアは素晴らしいと思いますが、まだちょっとゴツイし、スマホにわざわざ装着しないといけないのが面倒くさいと思いましたね。だったら、最初っから専用メジャー(計り)持ってくし!ってレベルです。65キロまで計れなくていーから、5キロくらいまででいーから、コンパクトにしてくれ。

それに、トーナメントだったら別ですが、日本のバサーは重さよりも長さを計ることが多いですよね。日本だとしたら、スマホで長さが計れるアイテムの方が好まれそうです。

でも、やはり確実に釣りにも、IT化の波が押し寄せていますね。僕個人としては、ガッツリIT化しちゃうのには反対で、そこそこくらいでいいと思ってます。まあ、でも自然相手のレジャーだから、まだしばらく数十年くらいはアナログが続くでしょうね!

via:measure-it.biz

-デジタル系, ガジェット(道具)

Copyright© hebinuma , 2020 All Rights Reserved.