村田基さん、読売新聞に掲載。「ミラクルジム」というヒーローのような存在

公開日: : 芸能人・有名人, 思っていること

今朝、しくりました。

仕事前に数時間だけ釣り行こうとしましたが、見事に起きられず。友人の家にわざわざ泊まってたのに、さらにちゃんと目覚ましそれそれがセットしてたのに起きられず。やはり大人になるとなのか、早起きして釣り行くのが難しくなってきてる。寝ずにそのまま行った方がいいな。

村田基さんが、昨日の読売新聞に載っていました。

SPONSORED LINK

"全国で釣りの魅力をPR"

スクリーンショット 2016-04-05 09.32.53ww


村田基(むらたはじめ)さん。

釣りをやっている方であれば、魚種問わず誰でも知っている方でしょう。それくらい超が付くほどの有名人であり、釣りの魅力を伝えるために今でも第一線で活躍されています。

そんな村田基さんが、4月3日の読売新聞の茨城版に掲載されていました。うちの実家が茨城県龍ケ崎市なのですが、母親がスキャンして送ってくれました。

村田基さんご自身もFacebookに載せていらっしゃいましたが、こちらにも載せさせていただきます。スクリーンショット 2016-04-05 09.32.53

 

なんと言っても、ミラクルジム

この新聞記事から初めて知る、興味深いこともいくつかありました。

プロフィッシングデモンストレーターという肩書を持つ方が世界で4名しかいないということ(あと3人は誰だ)、電話の受け答えから雑誌へ進出し始めたこと、ディスコDJをやっていたことなどです。

しかしながら、やはり最後の「スーパーフィッシンググランダー武蔵」の件です。

今振り返ると4年間もアニメやってたっけな?と思うのですが、やはりコロコロコミックに連載されていた時の方が強く印象に残っています。

当時は大ブームだったミニ四駆マンガ「レッツ&ゴー」も連載されていたこともあり、小学生の間ではコロコロが神的少年誌でした。

そのコロコロの中に出てきた、バス釣り。そして村田基さんがモデルにもなっているミラクルジム。圧倒的に爽やかでかっこよく、且つ抜群に釣り上手いミラクルジムは、少年たちの憧れ。

現実世界での村田基さんも、マンガの世界同様にかっこよく、テレビなどでも一際輝いていました。

シマノのジャケットを身に纏い、メタニウムXTなどを駆使しながらバスボートからキャストをびしばし決めていく。そして、『フィーッシュ!』と叫びながら爪先立ちのフッキングを決め、良型のバスを次々と釣り上げていく。

まさにヒーローのような存在

今こうしてhebinumaを書いてるのも、マンガの世界でのミラクルジム、現実世界での村田基さんがいたからこそ。そして、小中学生の頃にバス釣りにハマり、いまこうして大人になっても趣味の一つとして続けてるんだと確信してます。

今回の記事の見出しが "全国で釣りの魅力をPR" とのことですが、村田基さんは当時も日本全国の多くの少年たちに確実に、バス釣りの魅力を伝えています

最近は様々な事情からトラウトでのメディア露出が多くなっていますが、またいつの日かバス釣りをする村田基さんを拝見したいものです。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

そういえば、チャターはやっぱり良く釣れるという話。~後半~

セルバイに出した「00’ バイオマスター2500」がもう売れた。これなんか楽しいな(笑)

第1回 hebinuma オフ会は、アットホームに、でもめちゃディープに開催されました!!

どこのピンオンリール買おう? 愛用してたシマノのを紛失しました。

「チビタレル」がまだ来ない。理由を調べてみたら・・・( ゚д゚)

「徹子の部屋」に反町隆史が登場! ビッグベイトを持ち込んでるゼ! ポイズン!

【衝撃】メガバス、アーロン・マーティンスとのスポンサー契約を終了・・・。17年間の歴史に幕が下ろされる。

【新年のご挨拶】Happy New Year 2015

初めての「キープキャスト」。感じたことを、そのまま書きます。

書籍「ザ・鬼手仏心」が発売予定! シャチョー(伊東由樹さん)が16年ぶりに筆を執ったゾ!

アパレルブランド立ち上げました。そろそろ第1弾、完成です。

オフ会の“ようなモノ”は、「やる方向」で!今の僕の心境やイメージをシェアします。

怪魚ハンター「沖山朝俊」がスゴイ。世界中の怪魚を釣りまくってる!!~前半~

今年はこのアブ「2600C IAR」を復活させてあげよう。パーツを揃えなくては・・・!

生物ライター「平坂寛」。なぜ今メディアが彼に注目しているのか? ~前半~

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です