ブラックバスやブルーギルの「透明標本」が発売される。これは、アリかもしれない。

公開日: : 最終更新日:2016/10/15 小物アイテム, 外来魚問題

【関連】 「外来魚問題」の記事一覧

SPONSORED LINK

 

「透明標本」という活用方法

wst1412180042-p1

透明標本」。
琵琶湖で駆除されたブラックバスやブルーギルを、特殊な薬品などで筋肉を透明にし、骨に色付けるという、これまでにない新たな形の標本です。

京都大学とベンチャー企業によって開発・商品化されたらしく、数千円~数万円程度で販売されているそうです。ただし、どこで購入できるかは、ちょっと見当たらないです・・・。

うーむ、なるほど。
たしかにこれであれば、駆除されるだけ(捨てられるだけ)よりはマシですよね。こうやって商品として生まれ変わるのであれば。

 

数種類も

バスやギルだけでなく、他にも数種類のある模様です。

これはグッピー。お腹に子供を抱えていたんですかね・・・?
スクリーンショット 2014-12-20 14.23.14

海水魚のカンパチも。けっこう細かい骨の先々まで綺麗に染色されてるもんですね~。
スクリーンショット 2014-12-20 14.23.22

白魚。細い魚はビミョーですね(笑)
スクリーンショット 2014-12-20 14.48.53

この「透明標本」について、すでにネットでは

『そのままで15cmくらいのバスのが欲しい』
『透明じゃないのが欲しい』


などの声も飛んでいます。

たしかに、これのバス版は欲しいと思いますし、透明にしなくてそのまんまの標本の方が欲しいですね、僕も。そのまんまだとリアルすぎて、ちょっとグロかったりするのかな・・・?

まあ、とはいえ駆除されている事実は変わらないので、120%喜べる心情ではないんですけどね。でも、商品として有効活用されているのでアリかな、とは思います。

via:産経WEST

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

リューギ「レザーロッドホルダー」が確かに便利そう。陸っぱりが捗るな、こりゃ。

予想外! 楽しみにしていたキッチングッズで「サカナ型の氷」を作ってみた結果。

「ビーチボールテトラ」? やっぱ10minutes(テンミニッツ)独自路線やわ~。

新ガチャ「日本に定着した外来種」ってのが出る! コクチバス欲しいわ~。

ダイワから「エメラルダス×ルミノックス コラボウォッチ」が発売開始。

これは欲しい! 山梨限定の「ブラックバスキューピー」があるらしい!

「レザーロッドホルダーⅡ」。リューギの大人気陸っぱり用アイテムの新作登場

カワイイ。あんまりメモとかしないけど、こいつはデスクの上にでも置いておきたいな。

「金魚絵師」深堀隆介さんの金魚がホンモノにしか見えない。ナニコレ、絵なの??

琵琶湖に“第2のブラックバス”と呼ばれる「アメリカナマズ」が急増している件。

琵琶湖のガイド、ブラックバス飼育で逮捕。

あの人気イラストレーター「トキシン」の2016カレンダーが登場! 限定100個のみ!

自動膨張式ライジャケ「ラフトエアジャケット VF-052K」を購入。手動タイプから買い換えたその理由

「ゼロダンフラッシュ」。どんなワームもチャターっぽく千鳥らせられる。

サカナ型ロボットの『ロボフィッシュ(ROBO FISH)』が本物っぽくてスゴイ!!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です