モリゾーの新ワーム「バイズノイジークロー」登場!どの辺がノイジーなんだ?

公開日: : 新製品, Brands, Bait Breath

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

清水盛三。愛称モリゾー。
Dゾーンワイルドハンチなど、人気ブランド「Mo-DO(モード)」の親であり、現在はバスフィッシングの本場アメリカでのトーナメントで奮闘している、僕の大好きなアングラーのひとりであります。そんなモリゾーがプロデュースする新ワームが登場です。

SPONSORED LINK

 

ビッグバス狙いの「バイズノイジークロー」

BYS NOISY CRAW top banner2

バイズノイジークロー」。
モリゾープロデュースの新クロー系ワームが、ベイトブレスから登場です。3.5インチ、8本入り、780円(税抜)。

大き目の2つのテール(手)が激しくバイブレーションすることによって、また両サイドの細かい足が不規則に微細にピロピロすることによって、ビッグバスの口を使わせるのだそうです。

全12色です。ブラック/ブルーってカラー良さそうです。そしてホワイトがやたらホワイト(笑)
スクリーンショット 2014-11-05 11.25.11

どの辺がノイジーなの?わからん。

これは通常の「バイズクロー」。
byscrawsize

ここでひとつ疑問が。
『どの辺がノイジーなんでしょう?』

正直、HPを見た感じでは、ノイジー感がありませんでした。通常のバイズクローと比べても、フェザーの有無やテールの形状の違いはありますが、サウンド面の大きな違いは見つかりません。

もしかしたら、サウンド面ではなくビジュアル(アクション)面での“ノイジー(激しい)”ってことなんでしょうか。これは動画や生で見てみないとわかりません。

僕もバイズクローの評判がいいので、昔から持ってますが、まだ釣ってません。というより、そもそもほぼ投げてません。なんだかんだやっぱりドラクロ使っちゃうし、最近だとクレイジーフラッパー使っちゃうんですよね。

でもモリゾーは好きだから、これ買って、頑張って使い続けてみようかな。葛藤ですわ~。

【関連】ピロピロ感ヤバい「クレイジーフラッパー」を買ってみました!さっそくブッシュにぶち込みたい!!

これは通常「バイズクロー」
↓ ↓ ↓

via:Bait Breath

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

Amazonから「チビタレル」のもう1色の方について、メールが来てた \(゜ロ\)(/ロ゜)/

no image

青木さん、優勝!!

「ワカペン」って名前っぽい。イッセイの新作ペンシルは。

「ゼロダンフラッシュ」。どんなワームもチャターっぽく千鳥らせられる。

千葉房総ダム。パティシエのレッグワームが強かった。

KV「JOAO PEPINO(ジョーペピーノ)」。昔から愛されているブラジルルアー。

4オンス?ジャッカルが超巨大ルアーを続々と開発中! ワールドレコードを狙っているらしい。

「KANATA(カナタ)」、ロング&極薄のミノーを開発中。遥か “かなた” まで飛ぶからか。

よりシルキーな巻き心地にしたいなら「FゼロPROグリス(ソフト)」がいいらしい。

「チキチキシンカー」登場!どんなワームも千鳥らせることができるゾ!

名古屋でもまた限定カラー「ギリング」が発売されるみたいだゾ!

「ハイピッチャー1オンス」登場。さっそく、これまでのモデルと比べてみた。

シマノ「VR-70」。僕に初バスをもたらした思い出のルアー。

「ガンターオーバル」、ノリーズから新ラバージグ登場。

「ANDMORE(アンドモア)」ってブランドが気になる。なんだこのオシャレな世界観は!!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です