KROMUSHI(ケロムシ)。すり抜け良さそうな虫系ルアーがデプスから登場

公開日: : 最終更新日:2016/07/04 新製品, Lures, DEPS

千葉県のポテンシャルってすごいと思います、ほんとに。

都心から1時間くらいで『ここほんとにちば?』って思ってしまうくらいの大自然ゾーンがあったりします。昨日今日は館山あたりなどにいますが、道路走ってるだけでも自然に囲まれてる感ありますね。

さてさて、デプスの新作ルアーを紹介させていただきます。

デプスの虫系ルアー、KROMUSHI

13268209_625378627614106_3129578687269931185_o
KROMUSHI(ケロムシ)

こんな虫系ルアーがデプスから登場します。デプスフィールドスタッフであり、桧原湖や猪苗代湖でガイド業もしている渡部圭一郎さんプロデュースのアイテムです。

全長1.3in、重量約3.6g、全8色、5本入り、定価900円(税抜)。具体的な発売時期はわかっていませんが、今シーズンに間に合わせるとなると今月6月中には出荷されるのではないかと思われます。

 

フォルム、素材

虫っぽくもありカエルっぽくもある、いい意味で中途半端なボディフォルム。どっちかって言うとカエルの見た目要素の方が強く感じます。

ボディはノンソルト(塩なし)の高浮力素材。虫系としては自重3.6gは重めの部類になると思いますが、素材によって高浮力をキープしているのではないでしょうか。

 

大きめスリット

そして大きな特徴でもある、裏面にぱっくりと開いた大きめスリット。

スナッグレス性能アップで草木に引っかかりにくくなり、浮遊ゴミ周りを攻めやすくなることはもちろん、チョウチン釣り狙いで小枝めがけてのキャストもしやすそう。すり抜けが良い、ということです。

さらに虫系ということは水面放置、長めポーズさせるとこも多々あると思うのですが、そんな時もスリットのおかげでフックの存在感を弱めてくれる効果もあるのことでしょう。

 

デプスの虫系はどんなものなのでしょうか。このケロムシ、この夏に房総ダムのオーバーハングに入れてみたいもんです。

via:deps

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

フィッシュアロー「ゼンマイルアー」を出すのか!? あのルアーと酷似。

ビバ「生ガエル」登場! これで釣ったらオモロそうだゼ!

「ラストエース75」、福島健さんの "切り札" 的ルアーがFACTから新登場

「バンタムトリプルインパクト」入手。初代モデルのDNAを継承しつつも、細部には変更点あり

「ワイルドハンチ8フッター」登場! 名作クランクのディープ&ビッグ版だゾ!

ダイワの「フッキングノイジー」がなかなか良さそうな件。ルアーでもいいの出してくるね、最近のダイワ。

ヘドンから今年も「干支ルアー」が出るゾ!今年はマグナムトーピードにファー仕上げ!

「メタニウム MGL」、2016年3月~発売。大人気シリーズの最新作デビュー。

ファクト「スカルピン」。地味だけどリアル系ワーム登場。

「ダッジ」のカラーラインナップ判明! 相変わらずレイドジャパン、きれいだな。

獅子舞?ゾンビ? デプスの限定カラー「パルスコッド」「ブルシューター」がアソビゴゴロ満載。

隠れたダイワ名機「Z」に、限定モデル「Z 2020 BLACK LTD(ブラックリミテッド)」登場。最大ドラグ力アップ

「スティーズ TWS」、2016年デビュー決定。フィッシングショーで全貌公開か。

「スティーズSV TW」、気になる価格が公式発表されていた!

メンバー限定「ブルシューターJr.」をゲット! これは釣れちゃう予感。。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です