KROMUSHI(ケロムシ)。すり抜け良さそうな虫系ルアーがデプスから登場

公開日: : 最終更新日:2016/07/04 新製品, Lures, DEPS

千葉県のポテンシャルってすごいと思います、ほんとに。

都心から1時間くらいで『ここほんとにちば?』って思ってしまうくらいの大自然ゾーンがあったりします。昨日今日は館山あたりなどにいますが、道路走ってるだけでも自然に囲まれてる感ありますね。

さてさて、デプスの新作ルアーを紹介させていただきます。

デプスの虫系ルアー、KROMUSHI

13268209_625378627614106_3129578687269931185_o
KROMUSHI(ケロムシ)

こんな虫系ルアーがデプスから登場します。デプスフィールドスタッフであり、桧原湖や猪苗代湖でガイド業もしている渡部圭一郎さんプロデュースのアイテムです。

全長1.3in、重量約3.6g、全8色、5本入り、定価900円(税抜)。具体的な発売時期はわかっていませんが、今シーズンに間に合わせるとなると今月6月中には出荷されるのではないかと思われます。

 

フォルム、素材

虫っぽくもありカエルっぽくもある、いい意味で中途半端なボディフォルム。どっちかって言うとカエルの見た目要素の方が強く感じます。

ボディはノンソルト(塩なし)の高浮力素材。虫系としては自重3.6gは重めの部類になると思いますが、素材によって高浮力をキープしているのではないでしょうか。

 

大きめスリット

そして大きな特徴でもある、裏面にぱっくりと開いた大きめスリット。

スナッグレス性能アップで草木に引っかかりにくくなり、浮遊ゴミ周りを攻めやすくなることはもちろん、チョウチン釣り狙いで小枝めがけてのキャストもしやすそう。すり抜けが良い、ということです。

さらに虫系ということは水面放置、長めポーズさせるとこも多々あると思うのですが、そんな時もスリットのおかげでフックの存在感を弱めてくれる効果もあるのことでしょう。

 

デプスの虫系はどんなものなのでしょうか。このケロムシ、この夏に房総ダムのオーバーハングに入れてみたいもんです。

via:deps

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

メガバスの「SM-X スプリガン」にボーン素材ver.登場。

名称は「チビタレル」か!? ガンタレル ジュニアではないのかもしれない。

シマノ「16ナスキー」登場。実売10,000円前後では最もコスパが良いかもな豪華スペック

「16 メタニウム」。大人気リール、3年ぶりに新モデルか!?

「STEEZ A TW(17スティーズ A TW)」、ダイワ新作リールが2017年3月登場予定

「フーラ」誕生! 青木さんディスタイルの新作ワームだゾ!

フロッグ「ブレックファースト」入手。ボディよりもでかいペラの付いた、虫系っぽいルアー

エバグリからベイトフィネス専用ロッド「TKIC-65MLST-BK ブラックブライアー」登場!

「STRADIC(ストラディック)」登場! シマノのNEWスピニングリールだ!

「ZILLION(ジリオン)TWS」日本発売に向けて、ダイワが動き始めている!!

ファンタジスタから10周年記念モデル! シリアルナンバー入りの限定生産!

イタリア釣具メーカー・モリックスの「スイミングドラゴンフライ」がちょっと気になる。

モリックス「ラヴァ―スプーン」、マグネット固定式のミドルスプーンが誕生

「ALPHAS AIR(アルファスエア)」、ダイワ第3のベイトフィネス専用機。2016年2月発売。

「リサ70F」、T.H.tackleからワカサギ系ベイトが新登場

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です