「ラストエース75」、福島健さんの "切り札" 的ルアーがFACTから新登場

公開日: : 最終更新日:2016/04/28 新製品, Lures, EVERGREEN

どんどん出てきます。

次から次へと、ドローンが出てきます。最近も折り畳み可能で4K撮影できるドローンが登場したとか。スマホ端末以上の進化を遂げているような気がします。自分が生きている間に、もっともっとロボット社会になっていくと思うとなんだか不思議な気分です。

エバーグリーン、福島健さんから新たな新作ルアーの登場です。

"切り札" として使っていたシークレットベイト

2015-08-30-16.58.18

ラストエース75」。
エバーグリーン、福島健さんがプロデュースするFACT(ファクト)ブランドから4つ目となる新作ルアーが登場です。

全長75mm、全7色、FECO認定、6本入り、定価1,100円(税抜)、2016年4月発売。早いところではすでに店頭に並んでいます。

去年のルアーパラダイスなどでも展示されており、当初は2015年中にリリースされる予定でしたが、遅れること約1年。ようやく発売ということになりました。

 

昨今の公式トーナメントで優勝争いに必ずと言っていいほど絡んでくるほどの実力者、福島健さん。そんな福島さんが、だいぶ前から自作して試合で使っていたという、まさにラストエース(最後の切り札)的な存在のルアー。

 

"襲わせる" 小魚を演出

そのアクションは、(大げさではなく)リアルに小魚です。

クリアレイクでサイトで食わせるシーンも。
 

フックは、このように下向きにセット。マス針を使って、後からブラシガードをブスっと刺して固定。imageresize

 

ちなみに福島さん、このラストエースについて、

逃げ惑う動きを演出することで「喰わせる」のではなく「襲わせる」ことが出来る

と仰っています。

ハイプレッシャー時の切り札、サイトフィッシングなどに効きそう。1本あたりがちょい割高のような気もしますが、これは実際に投げてみたいもんです。どんな動きなのか。

via:EVERGREEN

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

近所なのに全然釣れなかった。牛久沼と「TDスピナーベイト」。

「アルファスSV」登場!! SVスプール搭載で、2015年3月発売予定!

「ピンコストレート」登場。 霞デザインオフィス第1弾ルアー!

「チキチキシンカー」登場!どんなワームも千鳥らせることができるゾ!

シマノ「スコーピオン70/71」。名作ベイトリールもモデルチェンジ!?

これは斬新。DSTYLEの新作スピナベ、ジョイント式アームっぽい。

ついに「ギリング165」が発売になったゾ!!これでギリングが2サイズラインナップに!

「ギルフラット」、イッセイの新作スイムベイトには水平テールも!?

「F3-67-4X シークレットシューティング」、デストロイヤー初のパックロッドがちょっと気になる

KAESU「コテツ」、まるで伝統工芸品。品薄状態が続く、背針ハードベイトとは

「ヒラクランクギルSビル」登場。 ヒラクランクのシンキングモデルだよ。

やはり「2015イグジスト」は黒っぽい!間違いなさそうだ。

ギル版「ステルススイマー」を開発中・・・2016年中に登場か。

「ディスラット」、アイマからネズミ型ルアー登場。

2016年、今シーズン中に使い込んでみたいルアーたち

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です