ニシネルアーワークス、ハンドメイドの異彩を放つルアーたち。

体力の衰えがハンパない。

うちから最寄駅まで徒歩3分くらいの距離で、さっき狙っている電車に乗るためにダッシュしたのですが、たった1分くらい走っただけでホームでばてばて。。というか、その前の駅内階段で(思っていたよりも足が上がってなくて)躓いたし。いい大人が全力ダッシュしてぜぇぜぇしてる姿ってださいですからね。しかも勘違いなのか、狙ってた電車はなく、結局ダッシュして早く着いたものの、結局5分くらい待つという・・・。

引き続き、キープキャストでショートレポートをお送りします。

ルアーだけでなく、ブースも魅力的

初出展となるニシネルアーワークス。トリプルインパクト生みの親でもあり、今回のキープキャストでは必ず行っておきたいブースのひとつでした。
2016-02-23 11.15.54

ブース全体を撮り忘れたのですが、バスプロショップスのような世界観でした。それもそのはず、ブースに使われていた木材は、実際にカナダ(現在の活動拠点でもある)から持ってきたんだとか。そしてこの時はまだ限定カラーが少しだけ残ってました。
2016-02-20 11.34.16

見たことないような一点もの(?)ルアーも数多く展示されており、どれもリアルで且つ温もりを感じる芸術品のようです。2016-02-20 12.50.41

ビッグベイトのようなルアーもありました。詳しくないのでわかりませんが、公式HPを見ても載ってないので、一般販売はされてないのかな。2016-02-20 12.50.48

電話しにちょっと離れて(そのついでにトイレ寄って)戻ってきたら、もう限定ルアーは完売してました。。しくった・・・アホすぎる。。Σ( ̄ロ ̄lll2016-02-20 16.43.11

ちなみにブース全体はこのような感じ。代表西根さんがアップしてます。アメリカンテイストの漂う魅力的な世界観でした。

キープキャストが閉幕。お陰様でトラブルもなく無事に全日程を終える事が出来ました。開催期間中、会場に足をお運び下さった皆様、そして、ブースにお立ち寄り下さった皆様に心よりお礼申し上げます。至らぬ点も多々あったかと思いますが、本当にありが…

Posted by Hiroshi Nishine on 2016年2月21日

 

入荷してもすぐに売り切れてしまうほどに大人気のニシネルアーワークス。ハンドメイドのため、生産数がそもそもごく少数と言うこともありますが、なかなか店頭に並んでいるのを見たことがありません。

実際に西根さんにもいろいろお伺いし、またルアーゲット方法についても聞きましたが、やはりネットショップで買うか、正規ディーラー店で買うのがいいとのことです。スーパーブッシュ、キーポンあたりにでも行ってみようかな。

ちなみに、今回シマノから出るバンタム「トリプルインパクト」は全く西根さんは絡んでいないようで、このニュースもルアマガ見て知ったとか・・・!

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

リブレ「クリスマス限定」ハンドル! ノブのシルキーさがすごい。

「第19回サカナヘンノヒトタチ東京展」、釣り人達の作品を集めたイベントに行ってきた

KAESU「コテツ」、まるで伝統工芸品。品薄状態が続く、背針ハードベイトとは

「ミシマつり具店」。手紙で知った、思い出深い柏の釣具屋さん。

「フットコンマウントダブル」導入。フラットな足場&高い目線を確保

「黄熱病」予防接種で “生ワクチン”注入。予約取れないからお早目に。

八百板浩司さん新作「Peacock Bass」。相変わらず “生命感” がずば抜けている

LUNKER HUNT(ランカーハント)から登場予定の2連結ペンシル「Link」とは

航空業界とのコラボ! ANA×GANCRAFT限定「リップルクロー178」が誕生

逆に “しっくりこない” と思ったほどに超軽量な 「レボ LTX-BF8」。スペックも公開。

「スレンダーシャッド」復活。これでジムがデカバスを釣りまくってたんだ、たしか。

no image

明日9/28(日)、つくばにレイドジャパンのカナモとオカトモがやってくるゾ!トークライブ!

でかい版「ビッグガンタレル」が2016年中に登場か。そんなに重くない!?

no image

さてと!そろそろ今年も「としまえん」でトラウト釣りができる季節になりました・・・・・!!

「誠魚(まさうお)」、村上晴彦さん新作スイムベイト。釣れる引き重り?

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です