ロッド「Bantam(バンタム)」、2016年4月~デビュー。全14モデル。

公開日: : 新製品, Rods

サーバー、まだちょっとだけ安定しない感あります。

通信環境によってはアクセスできないページがあったりと、ご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが(すでにお掛けしてるかも)、時間経過とともに落ち着いてくるはずです。ドメイン(URL)の設定をいじると、通称 “浸透” という事象が起き、最大で72時間ほどは時間が必要なのです。現在まだ30時間ほどですので、もしかしたらまだ何かあるかもしれません。サーバー引っ越し、大変や~。

シマノの復活ブランド、Bantamのロッド詳細などが明らかになりました!

“総合力に長けたバスタックルの創造”

スクリーンショット 2016-01-27 06.00.56

Bantam(バンタム)」。
シマノの名ブランド Bantam の名を冠したロッドシリーズがいよいよデビューです。シマノ公式HPでも公表され、詳細スペックなどが明らかになりました。

ベイト9モデル、スピニング5モデル、1ピースもしくは2ピース、自重未定、定価43,000円~49,000円。2016年4月~ベイトモデルから順次発売

強さと軽量さを兼ね備えたスパイラルX、キャスト時のネジレ(ブレ)を抑えてくれるハイパワーX、セミマイクロガイド、チタンフレーム、SiCガイドなどは標準装備。

リールシートは初代バンタムをイメージさせるようなデザインでありながら、機能面も◎。軽い&高感度なCI4+素材で形成されています。40585_feature1

自重未定ですが、毎度のことながら勝手に予想させてもらうと、100~120g前後くらいでしょうか。軽量さよりも強靭さやパワフルさを持った仕上がりのような印象も受けるので、もしかしたらもう少しだけ重いかもしれません。わかりませんが。

デザイン的には「メタニウム MGL」との相性はばっちりでしょう。シンプルで綺麗にまとまってます。

ついに発表!!皆さん秘密にしてきてごめんねm(__)m昨年密かに開発、テストを続け、シマノ社から、シマノ社だけのオリジナル製品として、僕らの10年、20年先の覚悟を形にしたバンタムロッド、バンタムルアー(^o^)1979年に初めてバス…

Posted by 伊豫部 健(イヨケン) on 2015年12月25日

メタニウム MGLを買おうと思っている僕としては、やはりこのバンタムも欲しくなってしまいます。個人的には168MHか170M-Gあたりが気になりますね。

フィッシングショーで気になるモデルは全部触りまくって、その場で買うのを決めちゃうかも。実売は30,000円前半くらいでしょうかね。

2016年は15年ぶりくらいにシマノのロッドが1軍になりそう!

詳細スペックなどはこちら

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

スミスの虫ルアー「モッサ」登場! 14本の足、表面張力ってのは気になるな。

ケイテック新作「ノイジーフラッパー」、6月19日発売!!

「ラストエース」「スカルピン」などファクトからも新作がまた出る。

「16 アンタレス DC」登場。飛距離テストでは100m超え!?

ケイテックが今度は、新作ストレートワームを作っている! 名作、蘇るのか!?

「フェイカー」、直結のブレード付きシンキングミノーがティムコから新登場

no image

マジかよ!O.S.Pが極秘に「HPシャッドテール」というルアーを開発していたなんて!しかも来月発売かよ!!

「ディッシュワーム」、青木大介さんプロデュースの新作がゲーリーから新登場

メガバス「シャッディングX」のディープモデルが近日発売か!?

「メガラバ」?りんかがメガサイズのラバージグを開発している模様。はてはて、どうなのか?

O.S.P新作「ドライブホッグ」の正体。スカート付きのクロー系!?

「忍虫(にんむし)」、デュオから毛入り・ソルト入りの虫系ルアーが新登場

「ELBO(エルボー)」。ベアリング88個が内蔵された重心移動システム搭載の新ルアー。

「F3-67-4X シークレットシューティング」、デストロイヤー初のパックロッドがちょっと気になる

シマノ「スティーレ」。2016年、新作ベイトリールが登場予定!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です