翻訳こんにゃく!? リアルタイム翻訳デバイス「ili」に期待高まる。

公開日: : デジタル系, ガジェット(道具)

デジタル製品。

ってなんでこんなに楽しいんでしょうかね。PCやスマホ、それに関連するガジェットやら、男子をワクワクさせてくれるものばかり。実際にこれに特化したWebメディアもたくさんありますね。僕もその男子の一人で、中学生の頃は毎週届くケーズデンキやコジマのチラシが楽しみだったくらいです。

今回もそんなワクワクするようなアイテム。釣りの為に海外に行く人も増えてる今、これは役に立ちそうです。

ほぼ「翻訳こんにゃく」が実現

ili_2

ili(イリー)」。
Logbar(ログバー)という会社が開発した、こんなものが今世界のある展示会で話題をかっさらっているようです。

これの正体・・・翻訳デバイスです。

1月6日~9日までラスベガスで開催されているCES2016という展示会に登場し、話題になりまくってるそうです。

日本語・英語・中国語での会話を、この小さなデバイスがリアルタイムに翻訳してくれるというのです。ili

しかもすごいのは、ネット接続不要という点。つまり詳しい仕組みはよくわからないけど、ローカル(この端末内)で機能完結しているということ。

海外フィッシングのプチブームが来ている昨今。海外フィールド(しかも自然の中は)なんかネット繋がらないところ多いので、これは重宝するかもしれません。

 

『あなたにキスしてもいいですか?』

欧米らしい実験。このiliを使って、街中の女の子にキスを挑みます。
スクリーンショット 2016-01-08 07.59.30

まずは普通に英語で『I know this is sudden, but can I try to kiss you?』と話しかけます。すると・・・スクリーンショット 2016-01-08 07.56.29

即座に『突然ですが、あなたにキスしてもいいですか?』と翻訳されました。ネット接続してないのに、どうしてだろ?スクリーンショット 2016-01-08 07.58.08

ちなみに試しにGoogle翻訳だと『私はこれが突然ですけど、私はあなたにキスしようとすることができますか?』という不自然な日本語に。

どんだけiliがすごいのか、キスできるのか。気になる結末は動画で。

現在は「日本語・英語・中国語」だけですが、今後「フランス語・韓国語・タイ語・イタリア語・スペイン語・アラビア語」にも対応予定とのこと。

発売時期や価格は不明ですが、日本での拡大に向け、パートナーとなってくれる旅行関連の業者さんを募集中のようです。

海外フィッシング関連の旅行業者さん、ご興味あれば詳細聞いてみてはいかが? 船上で現地ガイドと日本人客がスムーズにコミュニケーションできれば、より満足できる釣り旅行に繋がるかもしれないですね!

 

via:ili

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

日本初!!?釣り人らしく「iPhone6」を開封してみたんだけど、サイズ感わかるっしょ?

「BITE」の生放送、本日22時~。豪華ゲストたちが登場か!?

ドローンの進化が、釣りを「観戦スポーツ」へと変貌させる。ような予感がしてならない

ルアー接写いけるか? DIME5月号の付録、「CHUMS」スマホレンズに期待

スマホアプリ『パクパク魚釣り』をやってみた。

本日22:00~、BITE「ルアマガLIVE」に川村光大郎さん&伊藤巧さん登場

アプリの「釣りオン!」が結構オモロくてハマっている。

no image

3Dプリンターで釣具も作れる時代へ!複雑な形のルアーも自作できちゃう。

実家でもモリモリ仕事できるように、PC環境をレベル上げしてみた!やっぱデュアルディスプレイはめちゃ効率アップ!!

「GoPro」の釣り映像、ワクワク感ハンパない! 買おうか検討中。

自動追尾ドローン「Parrot Bebop 2」、これは釣り界における新たな可能性だと思う

最新スマホ「XPERIA Z4」にバス写真が使われててコーフンしてもうた!

実はXPERIAの動画に、川村光大郎さんがガッツリ登場している

まじかよ(笑)つりビットのラインスタンプができてる・・・・・!!

小型ドローンは、釣りに役立つのか。勝手に語ってみる

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です