左右非対称!?「16アルデバランBFS XG」のスプールの肉抜きについて。

公開日: : 最終更新日:2016/02/27 新製品, Reels

バスがバスを食う。

過去に書いた記事ですが、何度見ても迫力あっておもしろいので昨日SNSに投稿したところ、結構RTとかされてました。様々なルアーのバイトシーンだけでなく、バスがバスを食う瞬間もあり、いつ見ても楽しいもんです。まだ見てない方は、ぜひともこちらから見てみてください。

シマノの新作リールについて、ほんとに少しずつですがわかりはじめてきました。

左右非対称のスプール搭載か!?

2014-08-08 02.31.14(※これはSSエアのスプールです)

16アルデバラン BFS XG」。
マグネットブレーキを搭載したベイトフィネス専用機の新モデルが、2016年シマノから登場するわけですが、新たにわかってきたことがあります。

スプールが左右対称ではない、ということです。

正確に言うと、スプールの肉抜き(ブランキング加工)が左右対称ではない、ということのようです。

通常はシマノもダイワもアベイルも、スプールの肉抜きには左右対称であることが一般的ですが、今回の16アルデバランは例外です。

スプール中央部分は左右対称なのですが、端部分がまったく違います。一方は肉抜きされていますが、もう一方は肉抜きされていないようなのです。

 

理由は・・・シャフト? マグネットブレーキ?

この理由についてはまだ明らかではないですが、おそらくシャフトの長さによる違いかもしれません。

この07メタニウムのスプールで説明すると、シャフトの長い方(左側)のスプールは肉抜きされているものの、反対の方(右側)は肉抜きなしということです。
2016-01-06 16.11.27


シャフトを含めたスプール全体重量としての左右バランスを考慮し、左右差を敢えて作っているのだと思われます。

もしくは、シャフトの長さとかは全然関係なくて、マグネットブレーキシステム搭載の関係なのかもしれません。

真相はまだわかりません。シマノからの公式発表を待ちましょう。

 

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

イマカツ「ギルロイド寒鮒」登場。リアルなフナ型ベイト。

イマカツ、マグナムスプーンを開発中。発売は2016年秋か!?

“ほぼブルーギル” な「ギルロイド」、8月発売か!?

メガバスの「SM-X スプリガン」にボーン素材ver.登場。

「DEX(デックス)」、日本向けのバークレイハードルアーシリーズ始動。

「フラッシュJ クロー」、アルミ入り新作ワーム。2016年6月頃発売か。

「ジリオンTW HD」が公式HPに登場! アメリカでそろそろ発売か!?

「うなニャン」登場! りんかプロデュースの初ワームだゾ!

【新製品】やっぱり出た。「シャッディングX ディープ」登場!!

10月初旬ダ!O.S.Pの新作「ハイピッチャーMAX」の発売時期が決定!!

O.S.P初のメタルバイブは「オーバーライド」に決定!!その他詳細は今のところ不明。

ジャパンフィッシングショー2017(横浜)で見てきた新作ルアーたち

「ウェアラブルルアー」!?カメラなどを内蔵できる先進的なルアーが登場

「ギルロイド」、初回出荷カラーラインナップが判明! どれもすごいギルですわ。

「リップルクロー」、ジョイクロのリップ付きモデル!? 2016年4月頃の発売か

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です