本格的! 誰でも簡単にルアーが作れる「DMM.makeクラウドソーシング」とは。

公開日: : デジタル系, ネットサービス

なんか知らないけど、傷がある。

右手の手の甲に縦5cmくらいの傷があります。ガラスかカッターかなんかで切ったような傷があって、痛くはないけど、かれこれ数か月は消えてません。幼稚園の頃ガラスに突っ込んだ時の傷が消えてないんですが、その隣にまたできちゃいました。なんだ、これ。いつだ。

日進月歩。3Dプリンタがどんどん一般人にも身近になってきています。

誰でもルアーが簡単に作れる!

mainImage

DMM.makeクラウドソーシング」。
こんなサービスがDMMで始まっています。ここ数年で普及しつつある3Dプリンタを使って、『だれでも簡単にモノ作り』できちゃうってサービスです。

特に何も知らなくても(3Dプリンタについて勉強しなくても)、アイデアと予算さえあれば、本当に誰も簡単にルアーまで作れてしまいます。見た目的には結構、本格的な出来。

素材一覧を見ると「ABSライク」と呼ばれる素材があるので、これで作ってると思われます。一般的なルアーもABSなので、 “ライク” ってのが引っかかりますが、強度的にはまあまああるのかもしれません。

気になる費用は3Dデータ制作費と造形費で計18,000円~。ルアーひとつのコストとしては安くはないですが、ウッド製でもなく、ABS(っぽい)素材で一般人が自分でルアーを作るのがほぼ不可能であることを考えれば、高すぎることもないのかもしれません。

 

手描きイラストからでもOK!

このサービスのすごいところはアイデアさえ提出すれば、あとはすべて造形からカラーリングまでカタチにしてくれるところ。こんな手描きイラストでもOKです。
thumb02

もちろんこちら側で3Dデータを制作してから、3Dプリントだけお願いすることも可能。3Dスキャナのレンタルなどもあるみたいですね。

納品時には、DMMオリジナルケースに入ってくるということですが・・・フックのパッケージみたい。thumb01

内部構造はどのあたりまで作れるんでしょうかね。 ラトル入れるための空間作るとか、水抜けるための穴(POP-Xの口みたいな)とかも可能なのかな。

今後、ますます誰でも簡単にモノ作りできるようになっていくでしょう。普通のプリンタ(紙印刷の)のように、5年後くらいには3Dプリンタもどこの家庭にもあるくらい普及してるかもしれません。

以前紹介しましたが、すでに個人で3Dプリンタを使ってルアー販売している方もいますしね。

ちなみにDMMはアダルトから始まりましたが、今やゲーム、オンライン英会話、格安スマホ、FX、ロボット、ソーラーパネルなど旬なビジネスはなんでもやってます。非上場のIT系会社としては、日本で一番の売上。たしか。

 

via:DMM

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「つりいく」ってサイトが便利かも。釣りイベント情報が集約されている

これは斬新! BITEで生配信「BASS KING LIVE(バスキングライブ)」が始まるゾ!

釣具専門フリーマーケット「セルバイ」って知ってる??

人気釣りアプリ「釣りオン!」にダイワ製品が登場。スティーズもあったんだが現実世界同様クソ高い・・・。

「BITE」の生放送、今日の22時から~!

no image

3Dプリンターで釣具も作れる時代へ!複雑な形のルアーも自作できちゃう。

今度はルアマガからLINEスタンプが出ている!派手でカラフルな色味だね。

2015デプスウェブメンバー、本日から募集開始!!

これ考えた人天才すぎ!後で読むことのできる「Pocket」が超ウルトラ便利!!

リクルートが釣りビジネスに参入! 釣りブーム再び来るか!? これはかなり期待。

「BITE」の生放送、本日22時~。豪華ゲストたちが登場か!?

「BITE(バイト)」紹介番組が、テレビで放送されるっぽい!! さすがテレ朝ですわ。

デプス、2016年会員募集中。特典ルアーは “あのルアー” をオマージュか!?

格安ウェアラブルカメラ「Q-camera ACX1」の水中映像も出てきた。悪くないな、うん、悪くない。

【レビュー】どのくらい「CHUMS」スマホレンズは効果あるのか? ルアー接写いけるか?

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です