ブランク経て再開、凡人アングラーのバス釣りブログ

hebinuma

開封の儀 Brands GEECRACK

ジークラック「デイス160」、開封の儀してみる。

雑誌、場所取るな~。

釣りに限らず、雑誌ってみなさんどうしてます?ずっと取っておく、捨てちゃう、売っちゃう、そもそも立ち読みなどいろんなスタイルあると思いますが、僕は取っておく派です。というか、そうなっちゃってます。デジタル版がないやつ以外は捨てちゃおうかな~。

ジークラックのジョイントルアーを今回は解剖します。

【関連】流行りの「GILLING125(ギリング)」を試しに買ってみたゾ!釣りはまだ行ってない。

違和感のないスイミングが得意とウワサ

2015-08-01 19.13.11

デイス160」。
ジークラックのアユ・ウグイ系のビッグベイトであり、ギル型のギリングとは一線を画します。

全長163mm、重量フローティング40g・スローシンキング42g、全13色、定価3,000円(税抜)。

ギリング好きな僕ですが、発売直後はコイツに飛びつきませんでした。でも友人が使ってたり、オススメしてくるので、投げてみたいなと思ってたんです。

ナチュラルスイミングさが評判のいい、そんなデイスの開封の儀です。

 

スリムな正統派ビッグベイト

パッケージ、よーく見るとサカナのデザインが『DACE(デイス)』になっているのです。
2015-08-01 19.11.38

裏面。ふむふむ。
2015-08-01 19.11.56

今回のこいつはフローティングモデル。
2015-08-01 19.12.23

これがナチュラルスイミングすると噂のデイス160。ビッグベイトとはいえ、結構スリムなボディラインしてます。
2015-08-01 19.13.02

ご覧の通り3ジョイント。
2015-08-01 19.15.57

腹部分にラトルボールのような金属球がいくつもありますが、動きません。ウェイトの役割ですね。
2015-08-01 19.14.17

背ビレとテール部分はソフト素材で、派手なイエローとかピンクのスペアパーツに交換することもできるそう。
2015-08-01 19.15.12

目には相変わらず、ジークラック頭文字の “G” が入ってます。
2015-08-01 19.15.31

 

実際に比較してみた

まずはなんと言ってもギリング125と。長さはデイスですが、全体ボリュームはギリングも負けてない感じ。2015-08-01 19.18.11

次にジョイクロ178。長さ的にもボリューム的にも、デイスの方がコンパクトな感じ・・・というより、確実にそう。
2015-08-01 19.18.23

アイスライド135と。このあたりになってくると似てきますね!ジョイント数の違いはありますけど。
2015-08-01 19.18.40

上記3つと比較してもわかんね!って方の為に、比較専用くん(POP-X)と。
2015-08-01 19.18.56

実際に今回触って思いましたが、 “正統派” ビッグベイトって感じですね。

ここ最近だと何か奇抜なデザイン、仕組みを持ったりしてるものが多いですが、こいつはシンプルにわかりやすいルアーです。

その分、使い手のロッドワークによって大きくアクションが左右するのかもしれないかな。

このコンパクト、水押し控えめ、フローティングってのは関東フィールドではとても使いやすいので、ひとまず投げてみるとしますかね!

【関連】流行りの「GILLING125(ギリング)」を試しに買ってみたゾ!釣りはまだ行ってない。

-開封の儀, Brands, GEECRACK

Copyright© hebinuma , 2020 All Rights Reserved.