ブランク経て再開、凡人アングラーのバス釣りブログ

hebinuma

デジタル系 ビジネス・人生 ネットサービス

リクルートが釣りに本気。釣りSNSに出資する!!

昨日ちょっと釣り行ってました。

自分としては苦手意識のあったスタイルの克服と、まあまあいいサイズが獲れたのでとても濃い1日になりました。どんなだったか、詳細は今度書きます。でもすでに Twitter には写真投稿しちゃったので、一部の人には知られちゃってますね。

あのリクルート、結構マジだったようです。

【関連】リクルートが釣りビジネスに参入! 釣りブーム再び来るか!? これはかなり期待。

リクルート、釣りSNSアプリへ出資

2014-09-14-HINT-Tsunemi_01

リクルート、釣りSNSへ出資

これはちょっとビックリしました。リクルートが、思ってた以上に釣りビジネスに本気です。

昨日のプレスリリースによると、釣りSNS「FishBrain」を運営するスウェーデンのアプリ会社FishBrain ABに出資したというのです。出資額は明らかになっていませんが、数千万円?レベルになるんではないでしょうか。

当然、このFishBrainを通して「つりマジ!」の強化・拡充をしていく方向のようです。ここからは完全な僕の予想ですが・・・じゃらんなどの旅行・レジャーとも連携させて、既存サービスと釣りをどんどんクロスさせていくのだと思います。

つまり例えば、じゃらんで長野県の野尻湖周辺の宿を探しているユーザーに対して『野尻湖ではこんな魚釣れますよ!こんな釣り施設がありますよ!』とレコメンドしてきたり、カーセンサーと連携して『1ピースロッドが積めちゃう中古車』とか、ホットペッパーと連携させて『釣ったサカナを捌いてくれる居酒屋さん』とか。

そんな情報を、カーセンサーやホットペッパーにアクセスしてきた際に、つりマジやFishBrainのアカウント持っているユーザーに “のみ” レコメンド表示する。つまり、リクルートが保有する巨大メディア群内のビッグデータの横断、活用ができちゃうわけです。

そんな風に “釣り単体” でのスケールアップを狙っているのではなく、既存サービスと絡めての収益化を目論んでいる・・・ような気がします。あくまで僕の勝手な予想なんで、全然違うかも。

どちらにしても、リクルートが釣りに本気ってのは確かなことです。釣り業界にどんな新風を吹かせるのか。今後も注目です。

【関連】リクルートが釣りビジネスに参入! 釣りブーム再び来るか!? これはかなり期待。

via:RECRUIT

-デジタル系, ビジネス・人生, ネットサービス

Copyright© hebinuma , 2019 All Rights Reserved.