「ディサイダースピニング」登場! ベイトだけじゃないゾ!

公開日: : 新製品, Reels

さっき提出してきました。確定申告。

ようやく終わりましたよ。去年もこの時期はバタバタしてました、わからないことだらけで。いつも思うことがあります。『役所の人も人間だ』と。税務関係の人ってロボットで冷酷なイメージがありましたが、確定申告のことを相談すると親身になって聞いてくれるんです。しかもこっちが有利になるような提案とかしてくれる。嬉しいもんです。
それでは、このリールの紹介を行ってみましょうか!

【関連】「DECIDER7(ディサイダー7)」登場! アブの新ベイトシリーズだゾ!

オールマイティースピニング

30_DECIDER_6_6582

ディサイダースピニング」。
この前紹介したディサイダーシリーズのスピニングリールです。こちらもコスパ良い、ソルト対応モデルになっています。

サイズ2モデル(2000番、2500番)、ギア比5.8、自重220~230g、定価20,000円~20,200円(税抜)。実売価格は1万円台半ばくらいでしょうか。

IM-C6という素材を採用することによって、堅牢性と軽量化を実現しています。

ブラックボディーにレッドパーツ

随所にレッドパーツが使われています。
30_DECIDER_3_6578

ボディ下部は鏡面仕上げ。
30_DECIDER_4_6579

スプールのふちも発色の良いレッド。
30_DECIDER_5_6577

ノブはアブ特有のEVA製。形状はシマノに似ていますね。
DECIDER_EVA_Flat

替えスプール付なので、ソルトとバスなどで使い分けがラクです。
30_DECIDER_8_6630

IM-C6という素材で成型されたボディ。カーボン素材とアルミ素材のいいところを融合したような素材っぽいです。
decider_ic6_body01

ダイワからのシマノからも、ブラックレーベルやエクスプライドなど、ハイエンド機に迫る中堅モデルが続々登場、評判も良いですが、アブのディサイダーシリーズもそんなところでしょう。

あ~てか、釣り行きたい。
この前ボウズで完全にやられてるので、リベンジしたい。

【関連】「DECIDER7(ディサイダー7)」登場! アブの新ベイトシリーズだゾ!

 

via:PURE FISHING JAPAN

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「バスロイド」が死ぬほどリアル。イマカツ新作のバス型ビッグベイトがヤヴァイ。

イマカツの「スーパーライブ3D塗装」ってのがヤヴァイ!!ルアー塗装がマジでヤヴァイ領域についに来た!!

「ワカペン」って名前っぽい。イッセイの新作ペンシルは。

イマカツ「ギルロイド」の全貌が徐々に明らかに。ブルシューター意識か!?

"沈む” 虫系「ヤゴォォォォン」登場。誕生のきっかけはイモラバ!?

超リアルなバス型ルアー「バスロイド」の量産スタート!?そろそろ発売カウントダウンの可能性。

レイドジャパン「BULL TANK(ブルタンク)」、2016年5月頃の発売。

「誠魚(まさうお)」、村上晴彦さん新作スイムベイト。釣れる引き重り?

「ジリオンTWS」の公式ムービー『Project T Japan EPISODE2』が公開。

「ショットシャロースクエア55」登場! この春から期待できるノリーズの新シャロークランク。

レイドジャパン「ホッグ系ワーム」、そろそろ発売か

「スティーズ TWS」、2016年デビュー決定。フィッシングショーで全貌公開か。

この夏、注目してる新作ギル型ベイトたち4選!!

デプス「イヴォークシャッド」登場。コールドウォーターキラーの名に期待できるのか!?

レイドジャパン、次なる新作はビッグソフトベイトか!? モザイク写真あり。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です