ブランク経て再開、凡人アングラーのバス釣りブログ

hebinuma

開封の儀 Brands LIVE TARGET Abroad Brands

ライブターゲットのベイトボールシリーズ「スクエアビル」を買ってみた!ネットで見て斬新と思ってたけど、いざ生で見ると・・・やはり斬新だった。

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

バスフィッシングの本場アメリカはやはり、釣具においても日本では生まれないようなルアーが誕生しています。最近だとマグナムスプーンがそう。カラーリングや精密さだと日本が勝ることもしばしばありますが、アイデアはアメリカのが豊富そうです。そう感じざるを得ないルアーを紹介します。

 

日本にはないコンセプト・・・ベイトボールシリーズ

2014-12-18 04.44.05

Squarebill(スクエアビル)」。
Koppers Fishing and Tackle 社LIVE TARGET(ライブターゲット)というブランドの、BAIT BALL(ベイトボール)シリーズのルアーです。ちょっとややこしいですね。

ベイトボールとは、そのまんま、ベイト(小魚)のボール(球)です。小魚が作る球群のことです。もっとわかりやすく言うと、小魚の群れですね!

Koppers Fishing and Tackle 社は、2007年創業と釣りの世界ではまだベンチャー感たっぷりなのに今、世界中でグイグイ来てます。ヒット作連発してます。2013年の世界的なフィッシングイベントで、最優秀賞を受賞したりもしてるんです。スゴイ勢い。

【関連】小魚の群れがペイントされた「Bait Ball(ベイトボール)」、さすが最優秀賞を受賞しただけはある。

 

開封の儀、はじめます

そんなライブターゲットのルアーを、前回お邪魔した10minutesで購入したので、いざ“開封の儀”です。

ライブターゲットのルアー。日本ではあまり見かけないと思います。
2014-12-18 04.43.03

裏面。ふむふむ。と言いつつ、英語なのであんまわかってません・・・。
2014-12-18 04.43.12

今回買ったのは「GOLD/BLACK」というカラー。日本で言うキンクロですね!わかりやすっ。
2014-12-18 05.10.00

おおお、眩しいほどの小魚の群れや~!GOLD感がスゴイいい感じに強いです。
2014-12-18 04.46.19

この小魚たち、よく見ると単なるペイントではなく、1匹1匹どれも立体なんです。アメリカンにしては(?)凝ってるし、こりゃ受賞しますわな。
2014-12-18 04.47.37

腹側。このルアー「スクエアビル」はサイズが2種類(50mmと60mm)あって、これはデカい方の60mm。これでも1/2オンスあります。
2014-12-18 04.49.19

背中側。特になんかのシステムが入ってたりはしません。ラトルもないです。サイレントです。
2014-12-18 04.49.38

長方形に近い台形のリップ。そして。ラッキークラフトでお馴染みの長丸のスプリットリング。
2014-12-18 04.50.33

ジャパニーズと比較してみよう

まずは専用比較くん(POP-X)と。ま、こんな感じ。
2014-12-18 04.54.53

全長はラッキークラフトのCB-100と全く同じ。って、古すぎて良くなかったかな。15年前くらいの大人気クランクです。
2014-12-18 04.56.24

ボディとリップ形状的に、ジャパニーズだとしたら、このあたりと似てるのかな。上がレベルクランク、下がブリッツ
2014-12-18 04.57.58

今から使うのが楽しみでしょうがないです。
実際に足元で泳がせて、どう見えるのか。まあ、たぶん動き続けてるクランクを地上から見たとしても、小魚感はそんな感じられないんでしょうけど(笑)

でも眺めてるだけでも、キレイと思えるルアーです。海外ルアーでこんなこと思うことなんて、滅多にないですよ。

あ~ジャパニーズ以外のルアーにも興味持っちゃったな。今までよりももっと、海外ルアーフィッシング動向を追ってみようかな~。

【関連】小魚の群れがペイントされた「Bait Ball(ベイトボール)」、さすが最優秀賞を受賞しただけはある。

-開封の儀, Brands, LIVE TARGET, Abroad Brands

Copyright© hebinuma , 2019 All Rights Reserved.