「釣るとこみるぞう君」が斬新!!でも根掛かりコワすぎる・・・(笑)

公開日: : 最終更新日:2015/08/21 Rods, 小物アイテム, デジタル系

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

いきなりですが、水中映像って好きですか?僕は大好きです。ルアーアクションやバイトの瞬間なんかの映像は、特にコーフンさせてくれますよね!こんな僕みたいな釣り人が多いからなのか、こんな商品がありました。

 

ロッド一体型の新型カメラ

big_catch3

釣るとこみるぞう君」。
ご覧の通り、エサやルアーの手前にカメラを装着することで、水中の様子がわかるっていうオモシロ商品です。

気になるお値段は、なんと49,800円(税別)。ぶっちゃけ高い気がしますね・・・。まあ、でもカメラやディスプレイ、ロッドやリールも全てセットだから妥当なのかもしれないですね。購入はコチラから。

伸縮するパックロッドで、最大まで伸ばすと2.7m。海釣りメインですね!
big_catch_zentai 

どんな風に水中見えるか、実際見てみよう

big_catch_monitor4 
誰もが気になるであろうこと。
『実際どんな風に見えるのか?』

YouTubeで動画公開されてたので、実際に見てみましょう。

完全にカラーで見れます!しかも視野角が広い!
Kd39bk 
水中の中が見えることによって、攻め方を変えられるので、これは画期的な商品かもしれないですね!

しかーし。

002(28) 
根掛かりがコワ過ぎっ!!

水中が見えてるとはいえ、根掛かる時は根掛かります。一瞬で5万円がご臨終です。

僕の勝手な超理想を言うと、水中も潜れる超小型のドローン(ロボット)で、偵察させたいですね!しかも、魚探機能もあったりしたらサイコー。

スマホ操作できる空飛ぶドローンは既にあるので、これの水中行けるバージョンが欲しい。もちろんカメラ付きで。
スクリーンショット 2014-10-06 18.44.17

水中も行けるドローンあれば、自由に動けるし、根掛かりの恐れなどないのでサイコーだと思いません?ただ、ソイツ自体が食われる恐れがありますが・・・(笑)

まあ、そしたらドローンに針付けておけば、釣れる(?)。もはや釣りではなく、新しい漁業みたいになっちゃいますね。。

スローペースですが、少しずつ釣りにもIT化の波が押し寄せてきてますね。期待と不安でいっぱいです。

via:ファーストシーン

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

フレームが折れてたZEAL「ステルス」、修理に出してきた。

「VS-388DD」はフックケースとしておすすめ。もっと早くから使うべきだった

日本野鳥の会「バードウォッチング長靴」、いい評判しか聞かない。思い切って買ってみた。

「Pocket」をTwitter(ツイッター)でも使えるようにする方法

ドローンの進化が、釣りを「観戦スポーツ」へと変貌させる。ような予感がしてならない

釣りに持って行きたい、ソーラーパネル付きバッテリー『mobile solar』。

ダイワの防寒グローブ「DG-7604W」が神アイテムだった!冬も釣り行くなら絶対に買うべき。3000円でこの防寒なら大満足。

TATULA(タトゥーラ)のロッド「TATULA 721HFB」を購入しました。

「ゼロダンフラッシュ」。どんなワームもチャターっぽく千鳥らせられる。

ZEAL(ジール)の偏光グラス「STELTH(ステルス)F-1370」を購入してみた

「GoPro」の釣り映像、ワクワク感ハンパない! 買おうか検討中。

「パガーニトラッド」、完全受注生産のトップ専用ロッド。この釣りでしか味わえない感激ってあります

no image

どういうことだよ!メガバスの「ウアイラ」が普通にお店で取り扱い始めてるんだが!限定じゃないじゃん。

「ポイズン アルティマ」も2014グッドデザイン賞を受賞!!ポイズンは3年ぶり2回目の受賞!

ド定番スナップ「E.G.ワイドスナップ」に50個入りのエコノミーパック登場!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です