小物アイテム

サカナ型ロボットの『ロボフィッシュ(ROBO FISH)』が本物っぽくてスゴイ!!

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

先日フェイスブック仲間がおもしろい商品を投稿していて、それを見た僕はリアクションバイト(Amazon即購入!)してしまいました。

その商品が、思った以上の出来だったので紹介させていただきます!

 

サカナ型ロボット『ロボフィッシュ(ROBO FISH)』

その商品がこちらです。
タカラトミーの『ロボフィッシュ(ROBO FISH)』。
2014-06-13 09.38.17

熱帯魚や金魚、鯉、サメ、人魚などのラインナップがありますが、もちろんバス釣り好きな僕は、この“ブラックバス”を購入。てか、ブラックバスがあるのがスゴイ。嬉しい。

 

さあ、簡単に“開封の儀”です。
パッケージ姿。ひさしぶりにおもちゃ買ったなあ。
2014-06-13 09.37.33

裏面。ふむふむ。対象年齢は4歳以上ね。
ん?ZURU?(最下部です。)
2014-06-13 09.37.50

パッケージから取り出したところ。
カワイイ~。ヒレはシリコン製です。
2014-06-13 09.42.20

いつものサイズ比較専門のPOP-X君と。
こうやって並べてみると、ほぼルアーですね(笑)
2014-06-13 09.43.54

専用スタンドも付いてるので、こんな感じで、キレイにディスプレイもできちゃいます。
2014-06-13 09.45.32

動きがマジでリアル!!!!

肝心の動きはどんなもんだい!
家のお風呂で泳がしてみました。

コチラです。

おもちゃショーに出展してた時の動画もありました。

とにかくリアルです。
前傾姿勢で、ボトムをつつく姿勢が特に魚ソノモノです。

小さなお子さんへのプレゼントとしてはもちろん、魚好きの方であれば、見ていて飽きない楽しいアイテムになるかと思います。ただ、Amazonレビューなどにも何件かありましたが、電池の消耗が早い。僕も実際にお風呂で泳がせたとき、30分くらいでヒレの動きが弱まってるような気がしました。まっ、でもお風呂で遊ぶくらいなら気にならないと思いますけどね。

これ、ルアーに改造してみようかな。ライン上の一方方向だけでなく、自走するアクションになったらバスにとっても新鮮で、食ってくるんじゃないかな。十分にキャストできる重さだし。問題は、強度だな。ラインアイとフックアイを直結じゃないとたぶん耐えられない。改造うまくできたら、また紹介します!

ちょっと↑でも触れましたがが、この商品どうやらZURUという会社のもののようです。パッケージ裏面に『ZURU』の表記があるので、たぶん、たぶんですよ?企画製造はこのZURUで、その日本での販売権をタカラトミーが持っているってことなんでしょう。

SPONSORED

SPONSORED

-小物アイテム

Copyright© hebinuma , 2021 All Rights Reserved.