「フットコンマウントダブル」導入。フラットな足場&高い目線を確保

公開日: : 最終更新日:2016/09/12 レビュー(インプレ)・レポート, 開封の儀, ボート・ヨット

【追記】フットコンマウントダブルについて、以下のような記事も書きましたので、ご興味あればどうぞ。(2016.9.12)

 

いいウェアラブルカメラかもしれません。

以前、若手女性社長であることでも有名になったUPQのウェアラブルカメラを使いました。結果としては大満足ではありません。しかしながら、知人からあるカメラを借りたのですが、これが室内で使ってみた時点ではいい感じ。

パナソニックのこれです。カメラ部分と本体部分が分離しているのがないかなと思ってたのですが、いざ装着してみるとそうでもない。ウェアラブル感は損なわれていない。釣りでも実際に使ってきます。

今回は新たなレンタルボート用パーツの紹介です。

SPONSORED LINK

フットエレキ用の足場

写真 2016-06-25 0 44 45
こんなアイテムを買ってみました。

バスボートや関連パーツで有名なSOUTHER(サウザー)が出しているレンタルボート用のパーツです。

フットコンマウントダブル」というものなんですが、何に使うかっていうと、フットエレキをより快適に使うためのアルミ製の台です。

この台自体をボートに置き、真ん中にエレキのペダルを配置して使います。

実際にレンタルボートでエレキを使っている方はご存知だと思いますが、フットエレキはペダル自体に高さがあるので、ペダルを踏む脚と軸足に高低差ができてしまい、不安点な状態で踏み続けるしかない状況。

それをこいつが解決してくれるってわけです。

持ち手も付いてるので持ち運びもラク。家からクルマまで、クルマからボートまでの持ち運びにも役立ちそう。重さは計ってないですが、重く感じることはありません。写真 2016-06-25 0 45 09

裏面はこの通り。内側まですべて金属などが詰まっているわけではなく、空いた状態なので見た目以上に重くありません。でも初期状態だとちょっと滑りそうな予感。。写真 2016-06-25 0 45 59

ということで、取り急ぎ家に余ってた家具用の滑り止めゴムを貼ってみました。貼り方大雑把だし、ちょっと弱いかな~。写真 2016-06-25 0 57 14

一時期レンタルボート用のハイデッキを所有している期間もありましたが、でかすぎで持ち運びが大変、家での保管も大変、持っていったところでボートによっては設置できないこともあったり・・・。

そんなわけで、ほぼ使ってませんでした。2年くらい持ってましたが、使ったのは1回くらい。

 

少し投資することで、ボートがだいぶ快適に

2016-06-25 01.43.20

これを欲しいなと思ったのは、実際に使ってみてよかったから。

友人のを借りて初めて使ってみたのですが、思いの外快適で、安定した状態でラクに操船できました。そりゃ両足がほぼフラットになるので快適になるの当然なんですけどね。

そして期待していなかった効果も。サイトがしやすいということです。こんな素人アングラーの僕ですが、それでもボートを操船している際は目を凝らしながら水面を常にサーチしてみたりします。

そんな時に、たった15cmくらいですが、この高さがあるだけで結構見え方が違うのです。目線が高くなった方が水中がより見えやすい、サイトしやすい。それまでは目線の高さの重要性に特に気付かず。。

レンタルボート関連のアイテムって、少し投資することで、劇的に快適になることもあったりします。これまでシャフトカットや脚立用クッションなども導入してきました。

 

必ずしも『快適になる=釣れるようになる』ということではないんですけどね。でもやっぱり快適に越したことはないわけです

滑り止め効果はあったのか、あらためて実際に使ってみてどうだったのかなどについては、また改めてレポート致します。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週もっともよく読まれている記事たち hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「メタルバウデッキ」ってのがコンパクトすぎる! エレキも低くできて最強に便利そう!!

FAT PEPPAR Jr.(ファットペッパージュニア)。見た目は普通だけど、スゴい何かを持っている。

スティーブ・ジョブズは、実はクルーザーも作っていた。やはり彼の作品は圧倒的に美しい。

RAJABONE(ラジャボーン)を買ってみたけど、奇抜すぎて確かに戸惑った。

フットエレキのシャフトカットをしてみた! これでサイドキャストが捗るはず。

メンバー限定「ブルシューターJr.」をゲット! これは釣れちゃう予感。。

新国立競技場デザイナーの「ザハ・ハディッド」がデザインしたヨットが先進的すぎてヤバイ。

「ウェアラブルルアー」入手。カメラ内蔵できるルアーとは、一体どんなものなのか

渋谷・恵比寿の釣具店「WHITE BASS(ホワイトバス)」に久しぶりに行ってきた!改めて、お店レポートしてみる

若者・カップルは半額?「ボートハウスラッシュ」のサービス内容がとても魅力的

バス釣りメディア “中の人” と行く、亀山釣行記 ~後編~

初めての「キープキャスト」。感じたことを、そのまま書きます。

CAPE DESIGNを突撃訪問してきた ~オリジナルルアー紹介編~

「DoLiveCurly(ドライブカーリー)」をゲット。1投もしてないけど、もう『釣れた。』

「ドライブホッグ」入手。意外にも(?)ダウンショットで、ふわりアクションを活かせそう

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です