安い&簡単。フックの保護には「網押さえゴム」がおすすめ

SPONSORED LINK

あらためて見て惚れました。

テスラのモデルXです。テレビでチラリと見た際には特に流してしまったのですが、自分でじっくりとネットで見てみたら一目惚れ。エクステリア的にも自動運転もいい。そして中二病的ですが、ファルコンウイングと呼ばれる上下開閉式ドアもかっこいい。(昔はガルウイングと呼んでいた気がするが別物?)欲しい。まだ日本では一般的には出回ってないようですが、買えるくらいの稼ぎを作っておきたい。

と、ここから話は一気に変わりますが、ルアーの保管や発送に便利なアイテムの紹介です。

SPONSORED LINK ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

専用のフックカバーもあるけど・・・

2016-06-02 12.03.02

ルアーフィッシングをやっている方であれば、誰もが見たことであろうフックカバー(↑の写真)。

お店で売っているのを見かけたり、中古屋さんのルアーに付いていたり、または実際に日頃から使われてる方も少なくないと思います。

簡単に脱着できるので、非常に便利です。

僕も小学生の頃(少ししかルアーを持ってなかった頃)は、すべてこれらのフックカバーを付けて保管、持ち運んでいました。

しかしながら、こんなことを感じている方もいるのではないでしょうか。

 

ビッグベイトにうまく付けられない

2016-06-02 12.05.45

もはや今や一つのジャンルとして絶対的なジャンルを確立したビッグベイト。

最近だとさらにでかいジャイアントベイトというジャンルも浸透しつつあります。(個人的にも、あんなにでかいと思っていたジョイクロが全然でかく見えなくなりました。)

そんなビッグベイトやジャイアントベイトにマッチするフックカバーが見つからない、ということを感じた方もいらっしゃると思います。

一部専用カバーが存在しているようですが、困っている方も少なくないと聞きます。

 

フェザーフック、どうしよう

2016-06-02 13.47.50

フェザーフックにも付けられなくはないです。

でもフェザーを潰してしまったり、変なクセが付いてしまう可能性があります。

うまいことフェザーが自然な状態になるよう装着することもできなくはないですが、ちょっと面倒くさい。

 

ルアー発送時に、毎回付けるのは大変

これは友人から聞いた話です。

その友人は、メルカリやヤフオクで使って自分のルアーを売りまくっています。これまで長年やってきたなかで大量にある全く使わないのを、定期的にオークションに出品しています。

そんな彼が言っていたのが、『フックカバー、毎回付けるのが大変。。』

当然ながらルアー発送時にフック保護する必要があるのですが、毎回毎回すべてのルアーにフックカバー2個付けていくことに悩んでいたのです。

もっと簡単で経済的な方法があれば・・・と。

 

「網押さえゴム」が安くて便利

2016-06-02 11.58.24

上記のような悩みを解決してくるのが、この「網押さえゴム」です。見たことある方も多いのではないでしょうか。

その名の通り、網戸用のインテリアグッズであり、釣り用ではありません。ゴム製のチューブです。

普通のホームセンターや東急ハンズなどでも売ってますし、ネットでも探せば売ってます。お値段、7mで200~300円ほど!安い。楽天にも豊富なラインナップで売られています。

これがフック保護のために便利なのです。

 

ハサミで普通に切れます。適当な長さ(1~2cmくらい)にカット。2016-06-02 11.57.42

あとはフックに差し込んでいくだけ。フックの大小に関係ありません。2016-06-02 12.06.50

普通サイズにだってもちろん付けられます。2016-06-02 12.09.48

ダブルフックの場合、ちょい長めにカットしてこんな感じで付けるのもいいでしょう。ラクです。2016-06-02 13.43.07

あとはフェザーフックにも。フェザーを潰すことなく、針先だけ保護することができます。2016-06-02 12.52.06

 

購入時の注意ポイント

2016-06-02 13.23.28

購入時は、直径に注意してください。

当然のことですが、太すぎるとフックに付けてみても緩くて外れやすいです。

みなさんが持ってるルアー(フック)のサイズやゴムメーカーも様々なのでなんとも一概には言えないのですが、まずは一番細い直径のゴムから試してみることをおすすめします。

今回ご紹介したのはダイオ化成さんというところのゴム。公式HPで確認すると、2.8mmがもっとも細いので、まずはこの2.8mmからがいいと思います。もしくは3.5mm。

ちなみに僕は初めて4.5mmを買って失敗しました。完全にゆるゆる。ビッグベイトのでかめフックだとしても4.5mmは緩いので、まずこのサイズは使わないんじゃないかと思います。

フックカバーにお困りの方、是非ともご機会あれば試してみてください (^^)

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「Pocket Reel(ポケットリール)」。それはパックロッドを超えた最強のモバイル釣り道具。

TATULA(タトゥーラ)でバックラッシュしたら、コレだけは注意しておこう。

その差4,000円以上。アクアラインを使うなら絶対的にETCがお得

ラパラ新作「フィッシュグリッパー」が、どうしてもエヴァンゲリオン量産機に見えてしまう件。

メガバス、ついに化粧品を出す・・・・・!!

エバグリからクルマ専用の「トランクトレイ」登場! あれば確かに便利だけど安くはないな。

「ビフテキリグ」。今さらだけど、どんなリグなのか簡単に解説します。

【開封の儀】4,780円!格安のライフジャケット(手動方式)を買ってみた!

DSTYLE「ロッドベルト」誕生。11月発売予定。

【必見】体に刺さったフックの抜き方。ライン一本あれば一瞬で簡単に抜ける「ストリング・ヤンク・テクニック」を覚えておこう。

昔は「釣り」がオリンピックの正式種目だったという事実

これなら携帯できるレベルかも。折りたためる長靴が登場。

トルキーストレートの“巻きネコ”。ブルブルアクションでバスが食ってくるらしい。

「B-SIDE LABEL(ビーサイドレーベル)」っていうステッカー、釣り好きなら絶対にハマると思う。

【レビュー】あらためて気付いた「ビフテキリグ」の良さ3つ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です