「ビースイムトリガー」、有名ではないけど隠れたお気に入りルアーです

公開日: : Lures, Lucky Craft

久しぶりに今日は吉野家行きました。

だいぶ昔に比べると値上がりしてますね。期間限定価格で豚丼(並)が330円ですから。昔はいつでも牛丼280円だった気がしますが、業界全体的に安値競争をやめているような雰囲気を感じますね。

今回は有名ではないけど、僕が個人的に気に入っているルアーを紹介させていただきます。

SPONSORED LINK

ラッキークラフトの隠れたお気に入り

2016-04-18 16.43.14

B’ SWIM TRIGGER 70」。

このようなルアーがあるのをご存知でしょうか?

ビースイムトリガーと読み、ラッキークラフトのブレードクロスベイトというシリーズの中の一つのルアーであります。

別に2016年の新製品と言うわけでもなく、3年前から登場しています。


『もう存在自体を忘れていた。』
『そもそもこんなルアー知らない。』


という方も少なくないかと思いますが、これ知る人ぞ知るルアーであり、僕のお気に入りの一つでもあります。

数多くの新作ルアーが毎月のように出ている中、このビースイムトリガーのような形状、コンセプトを持ったルアーはなかなか出てきません。

そのくらいオリジナリティーに溢れており、且つ今でもちゃんと魚を連れてきてくれます。そんな実力者ビースイムトリガーが、どんなルアーなのか、今さらながら紹介させていただきます。

ちなみにスペック的には、全長70mm、重量6.3g、シンキングといったところです。

 

スピナーベイトとI字系プラグの融合体

2016-04-18 16.41.36

これがビースイムトリガーです。

ご覧の通り、ミノーのようなフォルムをしていますが、エラ下あたりからアームが伸びており、その先端にはブレードが付いています。

公式HPに "スピナーベイトとI字系プラグの融合体" と表現されていましたが、本当にそんな新ジャンルのルアーではないかと思ってます。

タダ巻きではブレードを回転させつつボディを細かく震わせながらのI字系アクションですが、小さいながらもリップが付いてるおかげで、少しだけですがトゥイッチによってミノーのようなダートアクションを出すことも可能。

タダ巻きでの水中アクション。0:45くらい~。

 

普通のI字系だとロッドアクション加えてもそのまま直線状に進むだけですが、こいつは左右にチャチャッと跳ねるように泳いでくれます。

I字系はチェイスしてきてからの食わせが難しい(と感じている)のですが、トゥイッチアクション(と直後のポーズ)によってバスに食わせるタイミングときっかけを与えられる(ような気がする)のです。

シンキングであることも、このビースイムトリガーの使いやすさの一つです。スペック上は最高深度30cmとなっていますが、それ以上に沈めてからも使えるっちゃ使えるので、ある程度こっちで自由にレンジを選ぶこともできます。

ペラの有無の違いなどもあるので厳密に言えば別ジャンルですが、I字系、シンキング系などだとたとえばティムコの「ステルスペッパー」なども定番。

河口湖のようなクリアレイクで賢いバスばかりのフィールドなどで、特にステルスペッパーが人気ですが、ビースイムトリガーも同等、もしくはそれ以上の力を持っていると思われます。

なにやったらいいかよくわからない・・・そんな状況こそ、こいつの出番です。

僕が言葉で語るよりも、実際に投げてみた方が良さが伝わると思いますので、ご興味ある方は試してみてください。

使いやすく、そして釣れます。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

好調な「ピンコストレート」に新サイズ登場。縦浮きがバスにとって新鮮なのか?

レッグワーム2.9インチ、4月末頃に登場。小森プロの言う「フリーズアクション」とは

「キング青木虫」「DEX」など、2016年 Berkley の新作ルアーたち

「FLIP KOGILL(フリップコギル)」新登場。そして意外な(?)フリップギルの使い方

ジャッカル新作のプロップ系「チャンウェイク」。やはりライバルはあのルアーか!?

釣り業界ではまだ珍しい定期便。メガバスが第二弾の受付をスタート

「RESERVE(レゼルブ)」、2017年新作ルアーの中で使ってみたいモノのひとつ

「タイニーシグレ」、Megabassの定番セミルアーに2.7gサイズが新登場

「ルドラ」、スローフローティングとミディアムスローフローティング、どう違うのか?

デプス「スリザーラット」。今年はラット型ルアー元年!?

獅子舞カラーのPOP-X、また “無駄に” 買ってしまっていた

「リップルクロー」、ガンクラフト新作ビッグベイトがいよいよ発売開始

「ドライブスティックファット」入手。見た目はほぼ同じだけど、重量比35%アップのバックスライド向けモデル

「エビチュー」誕生。泡を出すテナガエビ系ワーム!?

レイクポリス「RS-150」。懐かしのジャッカル初期のハードルアー。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です