水中呼吸器「Triton」、実現不可能という最終結果に

公開日: : 最終更新日:2016/04/08 小物アイテム, テクノロジー

今日は雨ですね~。

ただでさえ行きの電車が遅れ気味だったのに、関東地方は夕方から夜にかけて暴風雨になる可能性もあるから、電車が大幅に遅れる可能性もあるとのこと。帰宅ラッシュとも重なるだろうから、遅延・見合わせになったら混雑やばいだろうな。

この前紹介したアイテムの続報です。予想外の展開になっていました。

SPONSORED LINK ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

必要充分な酸素を生成できない

スクリーンショット 2016-04-07 10.04.27

水中でも呼吸ができるようになるというアイテム「Triton」ですが、どうやら実現不可能であると発表されたようです。予想外の展開を迎えています。

先日ご紹介した通り、酸素ボンベなしで水中呼吸できるようになるということで、SNS上や様々なメディアで拡散されていました。

 

しかしながら、今月4月になってから、トリトンの企画・製作者が、現行の技術では実現不可能だと発表したようなのです。

出資を募ったクラウドファウンディグサイトでは、5万ドル目標のところ、90万ドル(約9,900万円)もの額が集まり、世界中からも注目されていましたが、出資金のすべてが出資者に対して返金されたとのことです。

ホローファイバーと呼ばれる化学繊維を使って水中から酸素を抽出する仕組みだったのですが、現在の技術では、人間が必要なだけの酸素をこれだけの小型設備で抽出するのが非常に困難だという理由のようです。

スターウォーズの世界のような画期的アイテムの登場に胸を躍らされましたが、実現可能になるまではもう少し時間がかかりそうです。

via:deep blue

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

あの人気イラストレーター「トキシン」の2016カレンダーが登場! 限定100個のみ!

「STELTH(ステルス)F-1370」の修理完了!やっぱフィット感が素晴らしい。

「R2-D2 USB充電器」を買ってしまった。これは到着が楽しみすぎる!

安い&簡単。フックの保護には「網押さえゴム」がおすすめ

ヴィンテージ風の釣り「ブリキ看板」。これはインテリアとして普通にオシャレ。

自動膨張式ライフジャケット「ラフトエアジャケット VF-052K」開封。外観や内部構造、細部をチェックしてみた

メガバスが開発した新重心移動システム「エルボー」。バスルアーの新基準になるのか?

偏光グラス「BLACK FLYS(ブラックフライズ)」を愛用してます

シロクマがティーバッグで釣りする「SHIROKUMA」が何とも可愛らしい。

deps(デプス)からオリジナルアウトドアグッズが発売されていた!!

2015年、定番ライン「FCスナイパー」が新しく生まれ変わるみたいだゾ!

「VMC」の新トレブルフックをゲットしたゾ!ラパラ標準搭載のフックだよ:PR

ジャッカルの新商品開発スピードの秘密は、最新の3Dプリンタにあり!?

エバグリから「ジッパー」が出たけど、これ系は絶対に便利ですよ。

映画館の人気キャラ「カメラ男」のフィギュアを買ってみた。これは予想外にリアルで不気味だった(笑)

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で