WordPressのサイト名が勝手に大文字になっていた原因と解決策

公開日: : ブログ運営

今回の記事は、タイトルからも察せる通り釣りには全く関係ありません

今後の自分のため(と、同じように困っているネット上の誰かのため)に、備忘録として残しておくだけですので、ご興味ない方は今のうちにソッ閉じしてください。

まじで釣りのことは1mmも出てきません。Webの内容です。

SPONSORED LINK

いつの間にか「 Hebinuma 」になっていた

数日前からサイト名が「Hebinuma」になっていたんです。細かいですが、正しくは「hebinuma」。 " h " がいつの間にか大文字になっていたのです。

Chromeのタブに表示されるサイト名で、この異変に気づきました。
スクリーンショット 2016-03-04 11.06.33

検索結果もおかしい。スクリーンショット 2016-03-04 11.06.59

ソースを一応確認してみると、やっぱりこっちも「Hebinuma」になってる。スクリーンショット 2016-03-04 11.06.36

え、なんで?

サイト名を変更するわけないし、特に何か新しい設定をしたわけでもない。。

サイト自体は別に表示されるので問題ないですが、なんか気持ち悪い・・・。

 

「Capitalize Titles」のチェックを外せ

ということでGoogle先生に聞いたら、どうやらプラグイン「All in One SEO」の一部機能が原因のよう。

設定画面内の、Title Settings の「Capitalize Titles」にチェックが入っていると、このような事象が起きるそうです。

ということで自分のをチェックしてみると、見事に入ってました。このチェックを外しておきます。スクリーンショット 2016-03-04 11.07.14

「Capitalize Titles」は、タイトル(サイト名含む)が英語表記である場合、頭文字を大文字にするという機能らしく、それで hebinuma→ Hebinuma になってしまっていたようです。

でも特にここをいじった覚えはないのですが、最近このプラグイン自体をアップデートした記憶があります。ですので、もしかしたらアップデート直後のデフォルトが、ここにチェック入っている状態なのかも。

ということで、このような現象に悩んでいる方は、もしかしたらプラグイン「All in One SEO」が原因かもしれません。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「Pocket」をiPhoneのsafari(サファリ)でも使えるようにする方法

「Stinger3」で記事下にレクタングルを2つ並べて表示させる方法。

ブログやってる皆さん、アクセスアップしたいならここ登録しておくといいですよ。

no image

「Stinger3」の追尾型SNSボックスを消す方法

Windows Live Writer(WLW)で「テーマ更新」する方法

これ考えた人天才すぎ!後で読むことのできる「Pocket」が超ウルトラ便利!!

実家でもモリモリ仕事できるように、PC環境をレベル上げしてみた!やっぱデュアルディスプレイはめちゃ効率アップ!!

【大量画像】今でも存在する「蛇沼公園」、ここが当サイト hebinuma の由来です

「Stinger3」のフォントをメイリオに変更する方法

「Pocket」をTwitter(ツイッター)でも使えるようにする方法

釣りもネット系も。僕が『ほぼ毎日チェックしているメディアたち』 。

流行りの「Spot.IM」というコミュニティ機能を追加。このブログ内でチャットができるようになった!…ということです。

コミュニティ機能「Spot.IM」は外します。いつの日か復活させる時が来るかも。

no image

YouTube動画をgif化してブログ内に埋め込む方法(Chrome編)

「Stinger3」でスマホのサムネイルを角丸にする&影を付ける方法

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です