釣具専門フリーマーケット「セルバイ」で出品してみたら、思ったよりもサクッとイケた!これは便利かもしれない件。~出品PC編~

公開日: : 最終更新日:2015/02/28 デジタル系, ショップ, ネットサービス

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

今日は以前から気になっていた、釣具専門のフリーマーケット「セルバイ」を使ってみました。試しに出品してみたのですが、思っていたよりもカンタンにイケたので、その手順などをまとめたいと思います。

【関連】釣具専門フリーマーケット「セルバイ」って知ってる??

SPONSORED LINK

 

眠っている釣具は売って、お金に換えよう!

DSC_0115 
手順を紹介する前に。
みなさん、買うだけ買って、使わない釣具ってありませんか?フィールドに持って行くのならまだしも、いつもの1軍タックルボックスにも入れず、買ってからずーっと家で眠っているようなルアーなど。

僕は山ほどあります。
リアクションバイトで買ってしまったモノや、ブームに流され買ってしまったモノ。

持っていても使わないならバスを連れてくるわけでもないし、その釣具たちが可哀想なので、他の人へ譲ってあげる方が、その釣具たちも喜ぶのではないでしょうか。
7a578bce3337872c2e5a428709724512_s

とは言え、お金を出してせっかく買ったモノですので、どーせならお金に換えましょう!「セルバイ」で。

「セルバイ」は釣具専門のフリーマーケットです。前から気になってたものの、実際に使うのは今回が初めてです。その手順や注意ポイントなどを紹介したいと思います。

今回は「出品」のPC編ですが、近日中にスマホ編、また「落札(購入)」についても書きたいなと思います。

まずは無料会員登録

ここから出品完了までで約15分くらいです。慣れればもっと短時間でイケるかもです。

まずはここから無料登録しましょう。メアド入れて登録を押すと、メールが飛んできます。メール内のリンクをクリックして完了。
図3

で、次は本人認証。「出品」→「新規出品」をクリックし、
図1

ケータイ番号や名前など入れます。その後、ケータイに飛んでくるSMS(ショートメッセージ)のパスコードを入れて、完了。意外と(失礼?)このあたりのセキュリティがしっかりしてます。
図2

いざ出品!写真は超重要。

さあ、早く出品しましょうか!「出品」→「新規出品」をクリック!
図1 
商品情報です。注意ポイントは以下です。
特に重要なのが写真!明るい場所で鮮明に&表も裏も、全体もアップも載せましょう。写真の写りが悪いと、商品が魅力的に見えなくなってしまいます。必要事項を埋めたら「出品する」をクリック。「下書き保存」もできるみたいですね。 
スクリーンショット 2014-12-17 22.23.41

たったこれだけで出品完了!!
ですが、念のため、自分の商品を確認しておきましょう。
図4

ちゃんと表示されていたらOKです!
今回僕は、ハンクルの40周年記念「スピナーベイト」を出品してみました。スクリーンショット 2014-12-17 22.25.22
【関連】 ハンクルの限定スピナベをゲットできました。ブレードでかッ!!

「マーケット」をクリックすると、ちゃんと一覧にも表示されているはずです。
図11

 

プロフィールも大事!

出品自体は、上記手順で完了しているのですが、さらなるワンポイントアドバイスを。

プロフィールも大事です。
『どんな人が売っているのか(出品者なのか)』気になる入札者もいるので、ここも念のため、書いておきます。

「マイページ」→「プロフィール編集」をクリック。マイページから自分の出品商品も確認できます。
図8

ここでもやはり写真が重要です。普段フェイスブックなどで使っている写真などでOKだと思います。僕もそうしました。
図9

 

まとめ ~僕が感じたこと~

2012-04-14 17.46.34

僕が今回セルバイで出品してみて、感じたことを書きたいと思います。ちなみに僕は、これまでヤフオクとモバオクに出品経験が何度もあるので、それらと『比較してどうか』を書きます。

イイところ

月額費が完全無料

ヤフオクは毎月410円(落札は無料)、モバオクは毎月324円もかかるのです。つまり、利用しない月も自動的に料金発生してしまいます。セルバイは販売額の10%が差し引かれるのみです。 利用する時にだけ、かかるのみです。

僕はヤフオクに1年以上出品してないのに、有料登録のままだったので、さきほど解約しました。ムダに5000円近くも払ってたゼ( ゚д゚)

売値を自分で決められる

セルバイはフリーマーケットであり、オークションではありません。オークションの場合、注目度を上げるためにスタート価格を低めに設定したりしますが(1円スタートなども定番)、結果的に希望売値に達しないまま、売るハメになることもしばしば。

その点、セルバイは『自分で設定した売値』で買い手が付くかどうか勝負できます。もし売れなくても、価格を再調整し、再出品すればいいだけです。

セルバイが決済代行

セルバイが出品者と落札者の間に入り、決済代行してくれます。これは安心です。『支払ったのに商品届かない!』なんてトラブルがなさそうです。

ヤフオクなどは、個人間で直で銀行振り込みするパターンもあるので、ドキドキすることがあります・・・。

改善して欲しいところ

本人認証がちょっとメンドクサイ

上記でも紹介しましたが、ケータイ番号で本人認証します。

しかしながら、迷惑メール設定などの影響か、スムーズにSMS受信できませんでした。今後はPCアドレス(gmail など)でも認証できると、もっとスムーズかと思いました。

と、こんな感じです。
とは言え、釣具専門のフリーマーケットですので、ヤフオクなどにはないようなアイテムがたくさんあります。ユーザーも釣り好きばかりのはずなので(当然ですが)、今回出品した商品に対してどのくれいの反応があるのか、楽しみです。

みなさんも、眠っている釣具を「セルバイ」でお金に換えてみるのはいかが?タ〇クル〇リーで売るよりも高値になると思いますし。

で、売ったお金で新しい釣具を買いましょ!
今度は1軍入りするヤツらをね!

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

iPhoneを完全防水できる「modcrew」がスゴイ!!

no image

ラインスタンプ、いつの間にか釣り系のスタンプが一気に増えていた!

斬新! ブラックバスで「デザイン魚拓」を実際にやってみた。

釣りクルマ買い換えたい。その前にマイカーがいくらくらいで売れるのかをサクッと把握 AD

東京にできた「アウトドアヴィレッジ」が楽しそう。これは近日中に行ってみたい! てか行く!

アキバの釣具屋「キーポン」に久しぶりに行ってきた!品揃えいいわ、やっぱり。

バス界のトップアングラーが集まるイベントがあるゾ!

メガバスからパーティ招待状??? いやいや、正体はあのカードでしたわ。

ガイド検索サービス「WFG」。こんなサイトがあったのか・・・!

「ギル」神田店は、やっぱりいい。安いしワクワクする店内だからね。

ショック!渋谷の釣具店「しぶや釣具」が、いつの間にか消えていた・・・。

「サンスイ町田店」に行ってきた。相変わらずサンスイは上品な雰囲気です。

セルバイでスマホから出品してみた! 売っれるかな~?? ~出品スマホ編~

hebinuma をラクに見る方法(iPhoneの場合)

ルアー接写いけるか? DIME5月号の付録、「CHUMS」スマホレンズに期待

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です