アメリカの最大釣具店「バスプロショップス」が、大手ボートブランドを買収!!

公開日: : 最終更新日:2015/08/21 ニュース, 海外ネタ, ビジネス・人生

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

日本のバスフィッシング業界は、ビッグトーナメントも終わり、冬時期ということもあり、大きな動きはありません。新商品が時々出るくらいです。でもバスフィッシングの本場アメリカでは、昨日大きな出来事が発表されました。

SPONSORED LINK

バスプロショップスが大手ボートブランドを買収

las-vegas-hotel-bass-pro-shop-top

タイトル通りです。

Bass Pro Shops(バスプロショップス)が、大手ボートブランドを持つFish Holdings LLCを買収した!というのです。

バスプロショップスは、アメリカ・カナダに約60店舗を持つ、超巨大釣具店です。その規模はハンパない!ググってみるとわかりますが、日本とは比較にならないほどデカイです。売上規模もハンパなく、年商4000億円で、スポーツ用品小売業としては世界第3位の規模です。

一方、Fish Holdings LLCとは、Ranger BoatsTriton BoatsStratos Boatsというボートブランドを持つ大企業です。特にRanger Boatsは有名で、日本でも普通に『レンジャーボート』として認識されています。この強大な3ブランドを持つFish Holdings LLCという会社を、バスプロショップスが買収したのです。

日本でも知名度のあるレンジャーボート。
2010-7-800x600

日本の釣り人に影響あるの?

図3

この買収によって、僕らユーザー(消費者)に大きな影響がでるわけではないと思います。アメリカだし、バスボートだし。

ただし、バズボートユーザーにはもしかしたら、少しだけ影響あるかもですね。上記3ブランドのバスボート購入時に、これまでと手続きや納期などに、変更点があるのかもしれません。これは全くの僕の予想ですが。。

商品自体に大きな変更があることも可能性としては低いと思いますが、アメリカのフィッシング業界では、それなりのニュースになっていました。

日本では、フィッシング業界での大手企業による買収などはあまり聞かないですよね。強いて言えば、2008年にダイワとメガバスが、2010年にシマノとジャッカルが業務提携したことくらいだと思います。ま、買収ではないですけどね。

日本にもバスプロショップス、進出してくれないかな~。

via:Tackle Trade

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

no image

【ド迫力】クジラが宙を舞う!ブリーチングの瞬間の写真がスゴイ。

魚探付きドローン! 流行のドローンがいよいよ釣り業界にも進出しはじめている件。

フィッシングボート「Ultraskiff 360」の形状が斬新すぎる。

リクルートが釣りビジネスに参入! 釣りブーム再び来るか!? これはかなり期待。

パックロッド決めるの難しい・・・! ジェットセッター(ジェットスロウ)かブリスト(フィッシュマン)しかない。

メンフィスに新オープンしたバスプロショップスがハンパなくハンパない! これはヤヴァイぜ!

「ヒューガ」モニターの詳細発表。募集枠は10人!

no image

サメの大群がビーチぎりぎりまで!レアな光景がアメリカで撮影される。

カスミ水系の定番「与田浦」でレンギョが謎の大量死。およそ5,000匹も・・・!

「I-SLIDE(アイスライド) 135」の発売日が決定!!9月25日発売予定!!

ポンパドールにJr.(ジュニア)サイズが仲間入りするゾ!

ブラジルの釣り雑誌からわかること。日本製リール・ルアーが大人気。

no image

素晴らしい。釣り用の重りを再利用し、ダイビング用のウェイトに!

【閲覧注意】シープスヘッドってサカナがコワい・・・。「人間の歯」を生やしているんだが。。

「Vapor(ヴェイパー)」。直接カフェインを肺で吸って急速に目を覚ます? 釣りで使えるかも、安全なら。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です