『ワニ vs カニ』のバトルがまさかの結果に!!今ネット上で話題のカニ(笑)

公開日: : 海外ネタ

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

日本では茂みの中などで注意すべき動物はヘビかスズメバチくらいですが、東南アジアやアメリカでは、もっと危険な動物がいます。そう、ワニです。日本のように気軽にヤブこぎすることは、かなりリスクを伴うことのようです。

SPONSORED LINK

 

カニ、ミラクル回避で生き延びる

1

現在、ある『ワニとカニ』の写真がネット上で話題になっています。アメリカのサウスカロライナ州で、偶然に撮影されたシーンです。

背後からカニを狙うワニ。
ワニ『へっへへ~このカニはオイラが頂くぜ!』
カニ『(ん?ワニ来てるな。振り向く瞬間に・・・)』
1412587439891_wps_25_PIC_FROM_PHIL_LANOUE_CATE

カニ『はい、おまえがいたの知ってた~』
ワニ『ん・・・?なんだなんだ。。なんだ?』
1412587439865_wps_21_PIC_FROM_PHIL_LANOUE_CATE

ワニ『てんめー!!(ガブっ!)』
カニ『あらよっと!』 ←ミラクル回避
1412587439872_wps_22_PIC_FROM_PHIL_LANOUE_CATE

カニ『ばいばい~このノロマワニちゃん~♪(ブクブクブク)』
1412587439879_wps_23_PIC_FROM_PHIL_LANOUE_CATE

ワニ『にゃあろーー!!げほっげほっ。うげげg』
1412587439885_wps_24_PIC_FROM_PHIL_LANOUE_CATE 
と、ご覧の通りカニが見事にカウンター&回避し、ワニから生き延びたのです。最後は、ワニは泥をかき回しますが、結局泥を食って終わります。

窮鼠猫を噛む』とはまさに、このことですね!

オーストラリアにはワニ釣りがある

スクリーンショット 2014-10-10 02.33.56

そうなんです。
オーストラリアでは、ワニ釣りができるんです!

しかもまさかの、普通のサカナ釣り用のロッドやリールで(笑)詳しくは、過去に書いた以下の記事をご覧ください。

オーストラリア。ここでは、ワニ釣りができるらしい。その実態とは?

日本では、ワニって動物園か熱川バナナワニ園とかでしか見ることができませんが、世界には野生のワニがいますからね~。ウェーディングとかフローターも前情報がないと、コワくてできないです。冗談抜きで、ゲームオーバーです。

via:mailOnline

 

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

コイツすご!素手でバスを獲る!

釣り中はヒツジに注意せよ! こんなんされたらトラウマになるわ!

これはビビる!大物を釣ったかと思ったけど、実はその正体は・・・

no image

カワイイ。あんまりメモとかしないけど、こいつはデスクの上にでも置いておきたいな。

海外フィッシング専門の「バッシンヘブン」に申し込んでみたゾ!

魚探付きドローン! 流行のドローンがいよいよ釣り業界にも進出しはじめている件。

こんなとこにバスが!!本場アメリカはやはりスゴイし、うらやましい。

オーストラリア。ここでは、ワニ釣りができるらしい。その実態とは?

アメリカでモンスター級のニジマス(12kg)が釣り上げられる!!

no image

【ド迫力】クジラが宙を舞う!ブリーチングの瞬間の写真がスゴイ。

【少し閲覧注意】ゴブリンシャーク(ミツクリザメ)って深海サメがメキシコで釣り上げられる!これは確かにゴブリンとか言われる顔してるわ。

奇跡!釣った魚の中に、生きてるカエルがおったゾ。

ビル・ゲイツがバカンスに使ったクルーザーがスゴすぎる!もはや小型の豪華客船レベル。。。

「TATULA TYPE-R RED(レッド)」という限定モデルが出ている! ただしタイ限定。

「圏外」でもスマホのメッセができちゃう最新アイテムがスゴそう。ただし日本は未定。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です