またか。。バス駆除が宮崎県で実施される。

公開日: : 最終更新日:2014/07/15 外来魚問題

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は、悲しいニュースです。
タイトルの通りなんですが、今日からブラックバスの駆除が宮崎県県の一部で始まりました。
記事元:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140422/k10013933231000.html

 

NHKによると、宮崎県の伊豆沼と内沼というところで、電気ショックによる駆除が始まったようです。
電気ショックを与えながら船を走らせ、気絶したバスやギルを回収するのだそうです。

 

今回の宮崎をはじめ、全国各地でこのような駆除が頻繁に行われています。
僕らバスアングラーとしては、この上なく悲しいことです。
しかし、一部のマナーの悪い釣り人によって、迷惑をかけてしまっていることも事実。

例えば・・・
ゴミをそのまま捨てる → 環境汚染
ルアーが根掛かる → 環境汚染、漁師の網にひっかった場合は漁師がケガする
路駐していまう → 農耕車や緊急車両が通れなくなる

などなど、ちょっと考えたくらいでもいくらでも出てきます。

こんな手つかずの素晴らしいフィールドが関東にはあります。某ダムです。
でも、いずれはここも環境汚染され、駆除の対象になってしまうかもしれません。

 

2012-04-28 10.04.00

駆除されないためにも、バス釣り文化を衰退させないためにも、バスアングラー一人一人ができることをするしかないです。
必ずゴミは持ち帰る。ラインの切れ端でも持ち帰る。迷惑ならないように車を停める。

河口湖や高滝湖、池原ダムなどは、バス釣りのおかげで、街が活性化されていると聞きます。
現地のボート屋や釣り具やはもちろん、飲食店、ホテル、交通機関などなど。

バス釣りと共生できている街、成功例があるんです。
この素晴らしい釣りを、いつまでも楽しめるよう、ちょっとだけでもいいので配慮していきましょ!

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

no image

今年は琵琶湖で水草「コカナダモ」が異常発生!!もしかしたら全国的に、多いのかも。

琵琶湖のガイド、ブラックバス飼育で逮捕。

【動画】電気ショックでの駆除光景。なるほど・・・こんな感じで一網打尽にしているのか・・・。

琵琶湖のバスやギル、2006年の半分に・・・。回収ボックスが成果を上げている模様(+_+)

富山県でバス駆除。色々ツッコミどころ多すぎな件。

琵琶湖のバス・ギルの回収量が激減。猛暑が原因らしいが。でも人間だって、一生物だよ?

お寺でバスやギルを供養。駆除は悲しいけど、供養の気持ちは嬉しい。

no image

やっぱり啓発活動のため?バス駆除大会が佐賀県で開催される。

no image

琵琶湖に“第2のブラックバス”と呼ばれる「アメリカナマズ」が急増している件。

ブラックバスやブルーギルの「透明標本」が発売される。これは、アリかもしれない。

本日締切。パブリックコメント、今日出そう!! バス釣りを愛しているのなら。

no image

新潟県・糸魚川でバス駆除大会がありました。※参加者で美味しくいただきました。

no image

アングラーにとっては悲しい。。「外来魚ゼロ作戦」が実行される。

【拡散希望】バス釣りの “新たな道へ” 「キープフィールドプロジェクト」

環境省の外来種(ブラックバス等)についてのパブリックコメントを提出しました。バス釣りを愛する皆さんも、どうか是非。