「タトゥーラCT タイプR」を入手。いろいろとチェックしてみる ~初代TATULAとの比較編~

公開日: : 最終更新日:2016/09/13 レビュー(インプレ)・レポート, Reels, DAIWA

人生初でした。

男3人が集まって、釣りのDVDを見るということです。誰かの家に遊びに行って流れで見ることは何度もありますが、釣りDVDをを見るためだけに集合し、終わったら解散。そんな経験をさせてもらいました。見たのは、品薄中になっているという小森さんの昨年トーナメントを追いかけたTHE PASSIONというシリーズです。

初代TATULAと比較してみました

2016-08-16 12.54.55

これまで、2回に分けて新モデル「TATULA CT タイプR」についてお届けしてきました。

今回は初代TATULAと並べてみて、外観やサイズ感などを比較してみました。どれほどコンパクトになっているのかなどの参考材料になれば幸いです。

 

それぞれの呼称については、以下の通りで使い分けます。

CT  :TATULA CT TYPE-R 100XS-L(左巻き)
初代:TATULA 103H-TW(右巻き)

 

ボディの違い

まずはCTと初代を並べてみます。ボディ幅の違いがわかるでしょうか。カラーリングのせいでわかりにくいですが、CTの方が細身になっています。
2016-08-16 12.56.15

もう少しアップで。見た目では大きな変化には感じませんが、実際にロッドに付けて握ってみると違いを感じます。初代に不満はありませんでしたが、比べるとやはりCTの方がパーミングはいいです。2016-08-16 12.56.37

ジリオンSV TWなどと同様に、TWS(T-Wing System)自体も小型化されています。横幅が小さくなってもライン放出性能は変わらないとか。後述しますが、スプールの横幅が小さくなっているからでしょうか。色的にもゴールドからシルバーへ。2016-08-16 12.57.38

自分でも重量計測してみます。CTが208g(公式サイトのスペック上では205g)、初代が220g(公式サイトも220g)。キッチン用なのでアバウトです。15gほど軽量化されているということになります。222

ハンドルはCTの方が90mm、初代が80mm。ノブ部分にも違いありで、初代は日本モデルが以下のようなスリム型ですが、CTはUSAモデル同様のこの平べったい型のやつ。2016-08-16 12.58.53

CTはメインギヤ側プレートを樹脂製にしたことで15g軽量化に貢献。リール自体のタフさは初代のほうが上だとか。スタードラグも変化ありで、CTはダイワ自慢のザイオン製に。ドラグ自体はどちらもUTD(アルティメットトーナメントドラグ)。2016-08-16 13.00.21

メカニカルブレーキノブ(キャップ)を開けたところ。CTの方にはプラスチック製の防護カバー(?)のようなものが付いてましたが、初代の方にも付いてたような気もしなくもない。紛失したかも。2016-08-16 13.03.36

 

スプールの違い

続いてスプール。左がCT、右が初代。素材はどちらも超々ジュラルミン。CTは肉抜きされています(初代もUSAモデルは肉抜きあり)。
2016-08-16 13.07.31

スプール幅は初代が27mmであったのに対し、CTは24mm。3mmのサイズダウンです。それでも16ポンドでも100mは巻けるというラインキャパ。2016-08-16 13.08.17

3mmサイズダウン&肉抜きでどのくらい軽くなったか気になったので、比較計測。小数点が出ないキッチン用なので超アバウトですが、CTが約15g、初代が17gという結果に。111

 

次回は、投げてみてのフィーリング

ここまで写真使って比較してきましたが、ぶっちゃけ見た目的にも重さ的にも大きな差があるようには感じません。

でも、実際にロッドに付けて握ってみると、大きな違いを感じました。親指の収まりが良く、パーミングしやすくなっています。

もっとざっくりと言うならば、『すごいしっくり来る。』 そんなところでしょうか。

これまで何度かに渡ってこのタトゥーラCT タイプRを紹介してきましたが、すべて屋内での出来事です。フィールドではありません。

近日中に実際に投げてきますので、その後また感じたことなどを紹介できたらなと思います。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

【結論】ウェアラブルカメラ「Q-camera ACX1」は動画はイイ! 静止画はイマイチ。

ウェアラブルカメラ使うなら「回転式クリップマウント」が超絶ベンリ。 釣り中でも安心なガッチリ感!

フィッシングショーで、ダイワとシマノの新作リールを見てきたゾ!

「Project T 2017」始動。DAIWAからTWS搭載の新作リールが登場予定

「スティーズ TWS」、2016年デビュー決定。フィッシングショーで全貌公開か。

iPhoneを防水にできるシール貼って、実際に水没させてみた。

「LUVIAS(ルビアス)」がフルモデルチェンジ! 2015秋に登場予定!

【まとめ】2016年の新作リールたち。シマノ、ダイワ、アブから何が出るのか

【画像ご自由に】フィッシングショー2018、新作リールやルアーをさくっと見てきた

なんかスゲエ! サカナクションの新曲PVにカルコン登場!!

「16アルデバラン BFS XG」と「SSエア」、スプールと巻き心地を比較

「16アルデバラン BFS XG」、高速回転時にマグネットブレーキが移動する仕組み。

「16アルデバランBFS XG」、『チチチ…』とドラグ音が鳴る構造とは

【追記あり】「タトゥーラCT タイプR」、日本でも正式に販売開始。2016年8月~、実売19,000円前後か

【まとめ】2016年、新作ベイトリールの発売時期や実売価格など

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です