「ムシガエル」とうソリッドボディの虫系ルアーが、ジークラックから新登場

公開日: : 新製品, Lures, GEECRACK

おもしろい電池が誕生しました。

スマホで電流の強さやオンオフをリモート操作できるというものです。プラレールなどに装着すれば、これまで以上の楽しみ方ができると期待されています。MaBeeeという商品で、正確にはこれ自体は電池ではなく、この中に単4電池を入れるという仕組みです。

 

虫のような、カエルのような

スクリーンショット 2016-08-05 12.14.52

ムシガエル

ブランド知名度をアップさせたギリング、そして最近だとジャイロベイトなど数々のルアーを抱えるジークラックから、こんな虫系ルアー新登場です。

全長30mm、フローティング、全6色、4本入り、定価580円、2016年8月後半頃の発売。

前方を向いた6本の足、そして左右に伸びた長めラバー。水面を泳ぐ蛙の足を模したのが、このラバーだそう。

また独自のフローティング素材によってできており、この素材自体が浮くので、中空ボディにして空気の力を使って浮かせる必要が無いとのこと。ソリッドボディ(中まで素材が詰まっている)なので、その分自重アップ(≒飛距離アップ)にも繋がっているそうです。

素材自体に浮力がある虫系としては、最近だとキングアオキムシもそうですね。バークレイ独自の新素材、U.L.D.T. マテリアルが使われています。

実釣動画も公開、12分40秒くらい~。亀山上流部で、サイトで獲っています。

マス針ちょん掛けが最も適していそうですが、カバーエリアや意図的にチョウチン釣りする際などはオフセットでもいけそうです。

 

こちらは同じくジークラックの虫系、ラジャボーン。ソフトボディではなく、ハードボディ。※蟻は関係ありません。2016-08-05 13.07.38

 

いままさに虫パターンを楽しめる時期に入っていますが、このムシガエルも投げてみたいところですね。そして自重も気になる。シルエットからするに蛙には見えないような気がしますが、魚からするとそうでもないのかもしれません。

虫系ルアーについては、こちらにもまとめておりますので、ご興味あればご覧ください~↓

via:GEECRACK

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

【速報】「ZILLION(ジリオン)TWS」は、2015年2月発売!38,700円!

太細いクランキングミノー「CHUB(チャブ)」の水中アクション動画などが公開!発売は2015年春頃か。

「誠魚(まさうお)」、村上晴彦さん新作スイムベイト。釣れる引き重り?

完全盲点。ナゼ今さら「パドチュー」に興味を持ち始めたのか

no image

今さら?ジークラックから新アラバマリグ「MERRY-G FX JR(メリージーエフエックスジュニア)」が登場。

「ドライブホッグ」!? O.S.Pが新作ホッグ系ワームを開発中!

なにかと話題のダイハツの新車「WAKE(ウェイク)」が、確かに釣りには便利そう!!

「16 STEEZ(スティーズ)」。ダイワ最高峰ベイトリールがモデルチェンジするらしい。

【開封の儀】エバーグリーン「ラストエース」のフックの付け方

エサ? ライブターゲット「シュリンプ」のリアルさが尋常じゃない。。。。。

兄弟サイズとなる「チタラMAX / MINI」が、新たに仲間入り。MINIは亜鉛タイプ

「忍虫(にんむし)」、デュオから毛入り・ソルト入りの虫系ルアーが新登場

ついに「ギリング165」が発売になったゾ!!これでギリングが2サイズラインナップに!

ネズミ型!? デプス、ジークラックの2016年新作ルアーたち。

「VARUNA(ヴァルナ)」登場! O.S.Pのルドラと阿修羅の間を埋めるルアー!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です