ジャッカル新作のプロップ系「チャンウェイク」。やはりライバルはあのルアーか!?

公開日: : 新製品, Lures, JACKALL

もう金曜日ですね。

特に今週は早い。プライベートで月曜はお休みにしてたので(釣りではないのですが)、まだ水曜日くらいの感覚。今週末は釣り。なんか全然仕事してない感じでちょい焦ります。。頑張って仕事しないと、より釣りどころじゃなくなってしまう。

新製品ラッシュが続くジャッカルですが、また新たなルアーが登場します。

サーフェスノイジーミノー

image2


Chan Wake(チャンウェイク)

カスミ水系をホームとするJBトップ50にも参戦中の若手ホープ、五十嵐将実さんプロデュースのサーフェスノイジーミノーがジャッカルから登場です。

全長130mm、重量24g、フローティング、全10色、定価2,200円(税抜)。今月、2016年6月の発売予定。

ロールしながらリアプロップで水をかき回し、捕食音のようなサウンドを発生させるというこのチャンウェイク。これからの暑くなるの季節にはマッチしていそうな予感です。

半分の10色のうち5色がウロコホロを使ったカラー。今回も波乗り○○というカラーがありますが、最近のジャッカル、一部にだけこうしたちょっと緩い系ネーミングのも混ざっていることも多い。スクリーンショット 2016-06-10 11.23.06

五十嵐さんご本人による実釣解説、アクション動画も公開されています。水深にもよりますが、着水してから数秒待つのがいいとのこと。

 

初お披露目は、2015年の夏

2015-08-30 16.26.22

このチャンウェイクを初めてみたのは、昨年2015年の夏でした。

秋葉原で開催されたルアーパラダイスのジャッカルブースに、新作ルアーとしてプロトタイプが展示されていました。

当時はノイジーミノーという仮名しかありませんでしたが、この時に展示されていたこのルアーの完成形がチャンウェイクだと思われます。

そう言えば、この時にガンティアの前身と思われるビッグジョイントベイトもお披露目されていました。

 

ライバルは、やはりあのルアー!?

このチャンウェイク、真っ向勝負のライバルを強いて挙げるとしたら、やはりあのルアーになるでしょうか?

実際にこのチャンウェイクを触ったわけでも投げたわけでもないのですが、やはりボディフォルムやコンセプト、アクションなども共通点が結構多いように感じます。

ライバルでもあり、オマージュしているということなのかもしれません。

 

ジャッカル、今年もどんどんいろんな新作を出してきています。正確に計測しているわけではないですが、今年は去年以上のハイペースで出しているような感覚。

詳細全く不明ですが、DSTYLEとのコラボルアーも順調に進んでいるとのことで、その旨を小野さんが投稿されています。

ジャッカル、その勢いはまだまだ止まらなそうです。

via:JACKALL

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

ジャッカルの新商品開発スピードの秘密は、最新の3Dプリンタにあり!?

なんだかんだで「ゾディアス」気になる。1万円ちょいで買えるロッドとしてはかなり優秀そうなんだよね。

「レベルクランクMID(ミッド)」、リップの突起は急潜行させないため?

りんかオリジナル「オルタナ」登場! ジグっぽいビッグベイト!?

ビバ「生ガエル」登場! これで釣ったらオモロそうだゼ!

no image

ジャッカルから秦拓馬プロデュースの「DOOON(ドーン)」というスピナベが9月に出るゾ!!

ドランクレイジー「バーガー」入手。ハンバーガーのようなH構造とは?

ネズミ型!? デプス、ジークラックの2016年新作ルアーたち。

「フライングX」登場! ボイル誘発用のトップだゾ!

no image

9月末に「ギリング165」が発売されるゾ!今のうちにサイズと動きをチェーック!

【比較】デラクーとコーゾースピンを並べてみた。ついでにPOP-Xも。

りんかの「りんペン」がそこそこ良さそうな件。早巻きでトライしてみたい。

KAESU「コテツ」、まるで伝統工芸品。品薄状態が続く、背針ハードベイトとは

「モーターシャッド」。ゼンマイ式の、勝手に動くルアーが夏頃に登場。

「ONIMASU(オニマス)」登場! レアリスから新ビッグベイトが10月頃発売!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です