ブランク経て再開、凡人アングラーのバス釣りブログ

hebinuma

テクニック・マメ知識

一瞬で簡単に「フック絡み」を直す方法

夢ってなんであるんですかね。

人生の夢!などではなく、普通に寝るとき見る方のです。昨夜、恐竜が出てくる夢見て相当疲れました。楽しい内容の時もありますが、なぜ夢って人間にはあるんでしょう。どういう進化の過程があって、「夢が必要」というジャッジをDNAがしてきたのでしょう。というか、他の動物も見るんでしたっけ? 怖い夢見てる最中に「これは夢だ」と思うのとか困難すぎるし。

今回は普段の釣りにちょっと役立つ豆知識を紹介させていただきます。

誰にでも起こる、フック絡み

2016-04-18 13.31.35

フック絡み。

バス釣りに限らず、釣りをやっている方であれば誰もが経験したことがあるであろうこの問題。釣りのたびにほぼ毎回なっているという方も少なくないと思います。

絡まってしまったら、ロッドの先端を振って直そうとするのが一般的です。

2016-04-18 13.30.42

しかしながら、ロッドを振ってると全然直らないばかりか、逆に悪化してしまうことも良くあります。

そうなると、もういったんロッドを置いて手で直接直すしかなくなります。

でも、比較的簡単に、しかも一瞬で直す方法があるのです。

 

グリップエンドを叩いて、直す

その方法とは、グリップエンドを使います。
2016-04-18 13.35.59

このグリップエンドを軽くトントントンと叩いてやるのです。2016-04-18 14.25.39

たったこれだけで、フック絡みが解消されます。

もう既にお気づきかと思いますが、グリップエンドを叩くことによって結局はティップを揺らしていることになるのですが、細かい揺らしができるからなのか、なぜかこの方法だとよく絡みが取れます。

とはいえ、この方法で100%必ず成功することはなく、取れない時も悪化することもあります。そんな時は、おとなしく手で直接取りましょう。

それでも、普通にロッドを振るよりは、グリップエンドを叩いてやった方が取れると思っています。

みなさんも是非、次回の釣行でお試しください~ (^^)

-テクニック・マメ知識

Copyright© hebinuma , 2019 All Rights Reserved.