一瞬で簡単に「フック絡み」を直す方法

公開日: : テクニック・マメ知識

夢ってなんであるんですかね。

人生の夢!などではなく、普通に寝るとき見る方のです。昨夜、恐竜が出てくる夢見て相当疲れました。楽しい内容の時もありますが、なぜ夢って人間にはあるんでしょう。どういう進化の過程があって、「夢が必要」というジャッジをDNAがしてきたのでしょう。というか、他の動物も見るんでしたっけ? 怖い夢見てる最中に「これは夢だ」と思うのとか困難すぎるし。

今回は普段の釣りにちょっと役立つ豆知識を紹介させていただきます。

誰にでも起こる、フック絡み

2016-04-18 13.31.35

フック絡み。

バス釣りに限らず、釣りをやっている方であれば誰もが経験したことがあるであろうこの問題。釣りのたびにほぼ毎回なっているという方も少なくないと思います。

絡まってしまったら、ロッドの先端を振って直そうとするのが一般的です。

2016-04-18 13.30.42

しかしながら、ロッドを振ってると全然直らないばかりか、逆に悪化してしまうことも良くあります。

そうなると、もういったんロッドを置いて手で直接直すしかなくなります。

でも、比較的簡単に、しかも一瞬で直す方法があるのです。

 

グリップエンドを叩いて、直す

その方法とは、グリップエンドを使います。
2016-04-18 13.35.59

このグリップエンドを軽くトントントンと叩いてやるのです。2016-04-18 14.25.39

たったこれだけで、フック絡みが解消されます。

もう既にお気づきかと思いますが、グリップエンドを叩くことによって結局はティップを揺らしていることになるのですが、細かい揺らしができるからなのか、なぜかこの方法だとよく絡みが取れます。

とはいえ、この方法で100%必ず成功することはなく、取れない時も悪化することもあります。そんな時は、おとなしく手で直接取りましょう。

それでも、普通にロッドを振るよりは、グリップエンドを叩いてやった方が取れると思っています。

みなさんも是非、次回の釣行でお試しください~ (^^)

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

no image

明日から使える、ボウズだった時の言い訳をまとめてみました。

TATULA(タトゥーラ)でバックラッシュしたら、コレだけは注意しておこう。

タックル整理、この方法が良いかもしれない。中くらいのボックスを活用

川村光大郎さんが「ドライブスティック」のバックスライドを実釣解説! これは見た方がいい。

「ブレーデッドネコ」ってのが新しい。この発想はなかった!

【絶対おすすめ】ワーム補修なら「Fix A Lure(フィックスアルアー)」。柔らかいまま復活!

iPhoneでキレイに接写(マクロ撮影)する方法。○○○モードを使うだけ。

【まとめ】いつか役に立つテクニック・マメ知識 ~後半~

iPhoneで何も道具を使わずに、綺麗にどアップ撮影する方法

【便利】ヘッドレストを使って、1人で簡単にラインを巻く方法

楽しい。川村光大郎さんの「ドライブクロー」実釣解説。テキサスの “巻き” という食わせ方も!

虫パターンの魅力、そして “草木に突っ込んで” のチョウチン釣り

【便利】Google Map でポイント記録する方法

「バイトバスリキッド」。トップアングラーも使う、ワーム用オイル。

【必見】体に刺さったフックの抜き方。ライン一本あれば一瞬で簡単に抜ける「ストリング・ヤンク・テクニック」を覚えておこう。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です