ブランク経て再開、凡人アングラーのバス釣りブログ

hebinuma

新製品 Lures ima

「ディスラット」、アイマからネズミ型ルアー登場。

まじで部屋が汚い。

hebinuma記事の為に撮影したワーム衣装ケースをごっそりPCデスクに持ってきたのですが、そのまま2週間。まさに散らかってます。しばらくは使わないだろうし、いったん今日明日で片付けよう。新しいバス釣り雑誌も発売されたし、今日には16アルデバランBFS XG届くだろうし、綺麗な状態にしておかないとな。

アイマから新作ビッグベイトが登場します。

ネズミ型ビッグベイト登場

スクリーンショット 2016-02-27 11.28.12

Disrat(ディスラット)」。
ima(アイマ)からこんなかわいらしいネズミ型のルアーが登場します。

全長185mm、重量40g、フローティング、全8色、定価3,500円(税抜)、2016年4月末発売。スペック的にはビッグベイトの扱いなりそうなサイズ感。

まさに水面を泳ぐ表層系ルアーであり、この大きく長い尻尾が特徴的。柔軟性の高いエラストマー素材でできているようですので、左右に大きく動いてくれそうです。

アクション動画を見てないのでなんともいえませんが、ボディ本体の揺れから遅れて尻尾が揺れるはずですので、全体的な左右への動きがより大きく見えそう。わかりやすく一言で言うと、クネクネ感すごそう。

 

ネズミ型ルアー、今年は流行になるのか

アイマといえば、ソルトフィッシング(特にシーバス)では定番ブランドとして君臨していますが、ここ最近はこのディスラット以外にもバス用ルアーを独自開発・発売するなど、バス界への進出も積極的。去年はクジラルが一部で人気になりました。

昨年はギル型ビッグベイトが流行りましたが、今年はネズミ型かもしれません。他メーカーも、ネズミ型ルアーを開発中との話も聞きます。この前のキープキャストでも、デプスがネズミ型の新作ビッグベイトを展示してましたね。

アメリカでは定番である(らしい)ネズミ型ルアー、日本ではどうなりますでしょうか。日本人にとっては、ネズミが水面泳いでるのって見たことない、馴染みがないような気もしますが。まあ、でも人間がどう思ってるかではなく、魚にどう映るかですからね。

注目ジャンルの一つです。

via:ima

-新製品, Lures, ima

Copyright© hebinuma , 2020 All Rights Reserved.